スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魔王」 Gyaoにて配信開始!

2009年12月29日 01:18

20070506_mao1.jpg
↑うひょ!やっぱり興奮っ。

毎週日曜1話づつ更新!
GyaOで見る事ができます。 >>>コチラ
1:07分あるので、多分ノーカット版だと思いますぅ。

シン君も好きですが、やはり容姿的には魔王のスンハが一番なので、キャハ★ってなっちゃいます。
前みたいに大きな画面で見る事が出来なくなってしまった、yahooGayoですが、でもDVDひっぱりだすまえに1話ちょいとみちゃう感じでしょうか??(笑)
オープニングの曲とか聞くとやはりワクワクしちゃいますね・・・んでDVDひっぱりだしてきて、どんどん見ちゃうって感じで。
スポンサーサイト

今更だけど・・・「復活」興味深いインタビュー

2009年01月02日 17:32

20070611_f5.jpg
↑良い写真だ・・・

偶然みつけた・・・2007年の記事ですが、このサイト知らなかったので・・
得に監督のインタビューが面白かったです。
語る ドラマ「復活」「魔王」(上) オム・テウン
語る ドラマ「復活」「魔王」(下) パク・チャンホン監督 脚本家 キム・ジウ(JANJAN)

話の中心は「復活」の事ばかりですが、魔王にも触れています・・
(ジフニのことはなし)

監督が、オム・テウンしの話で、涙が2粒しか出なくて大変だった・・・が、復活と魔王を通して悲しみを演じる事ができる俳優になった!とお話されてます。
いやーあの演技は、監督のおかげだったのですね。
そして、オム・テウンさんが言われた言葉
「復活の後、別の作品で悩んでいる時「壊れた君を、もう一度きちんと撮り直すから」

それが魔王だったのですね!なるほど~。
魔王を改めて、ハウンの視点で見ると物凄い深いドラマになってます!と今更。
※ジフニの視点で見ると、それはそれで復讐ドラマになってますが、復讐される側の悲しみだけを追ってみると・・見方が違ってきます。
Gyaoで無料放送始まります 

ああ~1年半前のインタビュー読んで感動してる私って・・・orz。

しかしこのJANJANってサイト・・・なんだろ

モン先生ご冥福をお祈りいたします。

2008年12月16日 23:26

20081216_pa.jpg
↑「魔王」第7話
学校に来たオスとヘインにあうモン先生。


故パク・クァンジョンさん、笑顔の遺影(朝鮮日報)
【訃報】俳優パク・クァンジョンさん死亡(朝鮮日報)
yahoo韓国
本日の朝鮮日報でお亡くなりになった事を知りました。
肺がんで闘病中だったとか・・・まだ46歳だったそうで・・・ご冥福をお祈り申し上げます。

「どなたですか?」にもご出演されてたとか・・
私は、「魔王」でのモン先生(モー先生)の印象しかないのですが・・・
みつおと話をしたシーンとか・・自分がもっとちゃんと指導していれば・・など、オスの過去について鍵を握る役柄でしたね。

「妻の愛人に会う」は今年の3月に「韓国アートフィルムショーケース」にて上映されたのですね。
インタビュー
↑若々しいでございます。
「魔王」の先生は、ずいぶんとお年を召した設定になってた感じですね。あっでもオスが、30歳とかの設定ですから、そうですね・・・

演劇活動も盛んでご自分の劇団の演出もなさっていたとか。ご冥福をお祈り申し上げます。

※モン先生の画像を探していて魔王を見直していたら、また見たくなってしまいました・・・

日本版「魔王」第7回感想

2008年08月16日 15:43

2007Devil_1409.jpg
第7回の見せ場はやっぱり韓国版14回のこのシーンでしょう!


今回は13話と14話を抜粋してほんと良いところとりというか・・・
場面の構成まで一緒になってました。
ここまで原作を忠実にしていると・・見やすいちゃー見やすいです。
(変な感じになってなくて良い)
だから、物語をサクサク楽しみたい人は、日本版が好きかもしれないですね。
韓国版はもっとそれぞれの心情場面があるので、やっぱり韓国版を私はオススメしますが・・(笑)

2007Devil_1401.jpg・記者が残した宅配便の用紙からスンハ姉へCD-ROMが送られていることをオスがつきとめて、会いに行きます。
・お姉さんは違う音楽の入ったCD-ROMを渡します(MP3ではなく、CD-ROM)
・スンギに写真が届き、オス兄(ヒス)と妻が食事してるところへ行く
・スンギはソクジンを脅迫してホテルにやとってもらいたいという
(さすがにカジノを任してください!というそういうのは、なかった・・笑))
・なぜかスンハが誕生日になっていて、お姉さんから誕生日おめでとう&事務長、ヘインから誕生日会が催されてました。→ここで復讐での迷いという心理を表していました
・ヨンチョルがすげー嫌な奴になって、お姉さんは利用しただけなのに!というひどい台詞あり
・オス兄が、ソクジンと妻が抱き合っている写真が送られて見てしまう
2007Devil_1416.jpg 2007Devil_1415.jpg
↑こういうシーンは全部一緒でしたね。
左はソクジンがスンギを瓶で殴ろうとしてるところ
右はオスとヒス(兄)がバーで飲んでいるところ。・・・このシーンやっぱり劇団ひとりが下手でやだ!
[ 続きを読む ]

日本版「魔王」第6回感想

2008年08月16日 13:27

2007Devil_1201.jpg
ソン・ジュンピョ記者があなたが、チョン・テソンでしょ・・と家まで言いに来たシーン
シャワーあがりのスンハ
韓国版@ 12話冒頭


今回は韓国版12話~を描いた感じですね。
・ソン・ジュンピョ記者がテソンでしょ!と言い、そして直接的にお金を要求
・同じくオス父も恐喝されて、893のキョン・ジョンチョルに始末を頼んでいたが、お金で解決するように委託する
・オスもソン・ジュンピョ記者に近づくが「人殺しの人になんて守ってもらいたくない・・」と罵声を浴びせるが、タロットカードが届いたのちに命が狙われオスに連絡
・ソン・ジュンピョ記者は、スンハ姉に近づき取材
・ヘインだんだんと存在感なくなる(笑)@サイコメトリーやらなくなる
・ソン・ジュンピョ記者は、交通事故ではなく、倉庫にて転落死
[ 続きを読む ]

日本版「魔王」第5回感想

2008年08月11日 20:35

2007Devil_1102.jpg
↑日版はもっとオサレなバーでオスとスンハが会ってました(爆)
このシーンのような演技はイクタ君は無理でしたね・・
私すごく、韓国版のここのシーン心に残っています


6回放送がもう終了してまして・・1週遅れ。
でも実は1週間前にすでに見たのですが・・・書く時間がなくて~(他のネタ魅力的なの多くて)
でようやく。
日本のオフィシャルでちゃんとあらすじ教えてくれるのですね!助かります。
日本オフィシャル

・ソン・ジュンピョ記者が、オ・スンハではなくテソンじゃねえの?と調べて本人に言いに行く&オスの父ジョギング最中に接触
・スンハがユンチョルに指示している場面が流れる・・・このあたりはサッパリとお披露目
・ヘインが倒れて病院にいってスンハ付き添い、オスが電話をしてスンハがでて嫉妬するという場面あり
・図書館の「神曲」から「《LIVE=EVIL》」の手紙が
・オスが父親に気持ちをぶつけるシーンあり(あの事件のときどうして欲しかったなど)
・オスとスンハが飲み屋で会う
・オスの父親が、裏の人に色々お願いをする
・スンギがオス兄嫁と、オス兄経営のホテルで会う・・オス兄とはニアミス
・急にロッカーのシーンが出てきて、ヨンチョルを捕まえるオス
・ソラちゃんが幼稚園でいじめられヘインの喫茶店へ。スンハが呼ばれて
「早く犯人を捕まえてよ!」とソラちゃんに言われて、心を痛めるスンハ・・・
・ヘインが第一発見者ということが、オスにわかる(←韓国版魔王の時っていつ分かったんだけ?忘れちゃった)

とりあえず、勝手な感想。
[ 続きを読む ]

日本版「魔王」第4回感想

2008年07月30日 01:30

2007Devil_0901.jpg
↑花の色まで一緒だったね~ 姉さん登場

一気に加速9話まで終了しました!
なるほど・・・残りを、10話~20話までキッチリ見せる感じですね。
ちゃんとエピソードこなすような雰囲気ですねぇ~ただしチャプチェエピソードはないけどさぁ・・(笑)

韓国版人物相関図(日本オフィシャル)
・図書館でオスがヘインに「俺は悪い奴なんです」と告白
・チーム長に辞表を提出、同僚に過去の事件を知られる
・記者登場
・地獄の門&図書室での「333」 『神曲』の中に赤いカード挿入
・ソクジンに浮気現場の写真が送られる
・オスの殺した同級生の家族はみんな死亡していることがわかる

以下ネタバレの感想
[ 続きを読む ]

日本版「魔王」第3回感想

2008年07月27日 22:30

2007Devil_0601.jpg
↑ココマデ来ました!


今回3回目は、友達が亡くなり・・・その犯人探しとヘインにタロットカードが届いたという事と、いよいよオスの学校がヘインに見えたというシーンまで進みました。
あと、ようやくヨンチョル登場!
しかし最初は、ソクジンに見つかるはずが、スンギに見つかってました(笑)
それからソラちゃんを遊園地に連れて行ったのは、ヨンチョルだっていうネタバレも、このじてんでしてました。 
[ 続きを読む ]


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。