スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウルの旅3日目(2/27土曜日)

2010年03月14日 01:21

20100227_022.jpg
■2/27(土)
7:00起床
9:15昌徳宮
9:25昌徳宮ツアー
11:00三清洞
13:30ジニョクの家
15:00京東市場
16:30東大門
18:45ハンミリ(夕食)
21:00ホテル着
22:00COEXをウロウロ
24:00就寝

今日も我がままな私に付き合ってくれた師匠。
「アンティーク」のジニョクの家に使われた家(カフェ)と「キッチン」で使われた市場へ。
そして、憧れの東大門へ!(笑)・・・昨日よりゆったりめと思いきや、物凄い歩いたっすっ・・・
20100227_001.jpg朝7:00起床・・・いつもは私が早めに起きてゆっくり支度をして、一緒に行ってる人が遅く起きて私と同時に支度が終わるという事が多いのですが、師匠は朝に強く、支度も物凄く早い!

私も、モタモタしてお待たせしてはならぬと頑張る・・・1時間で支度完了。
実は、こんな1時間じゃ~支度いつもは終わらないのですが、よく頑張った私(笑)
海苔巻きはツナ!これは前回も食べて美味しかった。
そして、emiさんが毎回飲むバナナ牛乳に私もチャレンジ!
パンは食べられなかった(当たり前)

20100227_002.jpgホテルからみた外の眺め。
江南の南側だと思います。(ホテルの部屋は裏側だったから)
曇り空。昨日のあの夕焼けはなんだったんだー
そして、昨日よりはさすがに寒いみたい・・・

また人気のないCOEXを抜けて駅へ・・・ヨナのナイキの広告が凄い。
地下鉄はそんなに混んでなくて、2号線に乗ったら山登りへ行く人達が多かった。
何処の山へ行くのか??

20100227_030.jpg9:30ギリギリになっちゃうね~とかいいながら、昌徳宮へ到着。
3000w・・・で案内付とは、本当に安い。
しかし、すごい行列。
旅3日目にして、すごい数の日本人に遭遇(笑)
このガイド本も無料・・・小冊子になっていて凄い。
1組目のツアーに入る。60人づつ入ってもらいます!といいながら、どうみても150人はいそうな勢い。
本当に60人だったのでしょうか??
日本語堪能なガイドさんがテキパキと連れて行ってくれました。
仁政殿一帯→宣政殿一帯→煕政堂→大造殿一帯→樂善齊一帯→芙蓉池と宙合楼
20100227_003.jpg
宣政殿一帯の宣政殿のかわらは高価な青瓦を使用していて、王の執務室であった事を示しるそうですが、残念な事に曇りの日はそんなに綺麗じゃなかったです。
晴れていたら、それは素晴らしい青色だったとか。

大造殿一帯は、王妃様の生活空間であり、その寝殿だけ瓦が違っていて、普通はヨンマルという一番上に龍のウロコのように一列並べるらしいのですが、王様の上に龍を配することはいけないというとうことで、その場所だけ違うそうです。

また、オンドルの造り方とか・・・そういう事も聞けて凄く楽しかった!
芙蓉池は、チャングムの撮影でも使われたそうで(笑)
そして、イ・サンという王様がこの図書室を作られたとかそういう話から、師匠とイ・ソジンの話になったりして、それはそれで面白かった・・・
※嫁事情など、下世話なネタだけど、、やっぱり気になるそういう話!(笑)

芙蓉池はやはり氷がはったりして・・・冬より緑の多い季節に来ると更に良かったかなーってやっぱり思いました。
やはり枯れた木々は寒々しくて悲しいです。
ぐるりと一周して、戻ってきてちょっと一休みしたら、周りにいた日本人が誰も居なくなってました・・・
皆さんツアーでバスで移動されてしまって、、私たちだけがフリーっぽかった(笑)

そこから、最近のまたまた素敵な場所三清洞へ行く途中に、タイヤキが売っていて買ってみました。
美味しかったぁ~
て、皮がものすごく厚かったですけど・・・(爆)

そして三清洞へ!
北村の昔ながらの街並みと今風のカフェとかそういうのを見るためにぶらぶら。
さすがに、宮のチェギョンとシングンのお別れシーンの坂までは行くことが出来ず残念。次回へ持ち越し・・・
20100227_004.jpg街の風景にあったファミマを発見!
まるでインサドンにあるスタバのような感じで・・・
こんな風になってるファミマを日本でも見かけた事がないですよね。

でもアイスは外に売ってるってうのが、日本と違いますよね~
日本は中ですよね・・・昔はお店屋さんでもアイスは外で売ってましたよねーそういえば。

20100227_006.jpgそしてこちらは!
あっ!と、みうらじゅんファンならおなじみの・・・
「飛び出しぼうや!」
すごい!韓国にもあるんだぁ~と思ったら、師匠に聞いたら駐車場を表す帽やだそうで・・・
ガッカリ。
飛び出し帽やだったらみうらじゅんに教えたのになぁ~(笑)
みうらじゅんの飛び出しぼうやとは、よく道に「飛び出し禁止!」とかいてある男の子の看板がありますよね。
あれを沢山写真に収めているのが、みうらじゅん氏なのです。


寒くなってきたので暖かなコーヒーを求めて一軒の店へ。
サイフォンできちんとコーヒーを落としてる店を見つけて入ってみた~
色々種類があるぅーけど、私はカフェラテ8000w・・・チョイ高めね。
師匠は、どこかのコーヒー!(なんだっけ?)
・・・・出てきたら、、、
20100227_007.jpg(lll ̄□ ̄) えっ??
抹茶・・・ですか???
ていうか、茶杓でかき混ぜるのですか????
茶杓は、お茶を入れる道具ですよぉ~~
・・・・うーんっ、かなり本格的にコーヒーを入れてるだけに、非常に残念な気がしました。

オシャレと道具違いは紙一重なんですよねぇ~難しいのは分かりますが・・・
20100227_008.jpgかき混ぜの様子(笑)
やっぱりなんかコーヒーを楽しむっていうか、、

ここは、一言教えてあげればよかったのかなぁ~
韓国でも茶道があると思うので、日本の茶道の道具はコーヒーには使わないのですよぉんと。

20100227_009.jpg私は熊が出て来ました~
カワイー。
逆に、日本のカフェへ行ってもこーんな風になかなかしてくれないので、これのほうが新鮮で嬉しかった。
ハートとかばっかりだもんね
こんなかわいい熊っこなんて見たことなかったよぉ~
なんとも、韓国ぽいっていうか、、良い意味で味のあるオサレカフェでした~(笑)
※かかってる曲もオサレだった・・・

そこからずんずん上の方に上がって行き・・・・とりあえずプラプラ。
20100227_010.jpg太鼓をドンドン叩いて、一軒一軒店の中へ入るこの集団を発見!
だけど、全部の店にはいるわけじゃなくて、抜かされたりもしてる店も・・・
何かなぁ~とか思いつつ、でも太鼓の音がすごくて、近くに来るとちょっと恐かった。

お父さんが西洋人で奥さんが韓国人、子供二人という家族がいて、奥さんがこの人達に話しかけて、「後をついてまわりたいから、どこへいくのか」を聞いていたそうです。
「急いでご飯たべなくちゃ!」と話していたそうで・・・子供達がついて行きたがったみたいですね。
師匠がいると、そういう街の声も教えてくれるので、とても面白かったです。

ささとお昼たべちゃおうかーって感じで、師匠がみつけてくれたのは、トガニタンの専門店
20100227_013.jpg←これが食べ物屋だとは、読めないと分からないし、読めても食べ物やかどーかも分からない。
私もすっかり素通りというか、中も見えないお店だったので、ほんと入る勇気がなくて・・・
でも師匠の「辛くないから」の一言で・・・>< 申し訳なかったです。

20100227_011.jpgこれは牛のどこの部分なのでしょうか?
牛のだしが出ていて美味しかったです!
ご飯も山盛りです。

店はテーブルが6つぐらいしかなくて、あとは、オンドルのお座敷にご飯がいっぱい置いてあって、醒めないようにお布団かけてありました。
おばさんがそこに座ってテレビをみて・・・テレビでは、オリンピックのショートトラックをやっていました。
私たちのほかには、おっさんが3人!それぞれ一人で食べに来てました~

20100227_012.jpgメニューは本当にこれだけ!
もうひとつはなんだか分からず・・・
これは8000wだったのかな?でも美味しかったですぅ~
800wなわけない(メモには800って書いてあるんだけど、きっと円で書いてしまっていたのだと思う)

20100227_005.jpgその後、北村の眺めの良い場所へ行こうとしたのですが、どこをどういっても行くことが出来ず・・
どうやら間違えてしまったようで、その場所へは行けませんでした。
なんかもうー仕方がないので、、、次の目的地へ。

ジニョクの家に使われた家のカフェへ向かうのでした。
そこは、景福宮の反対側の「孝子洞」という所にあります。
シュシュにも今見たら載ってました・・李朝白磁のギャラリーってことで(笑)


20100227_014.jpgタクシー乗ればよかったものの・・・歩ける距離だし、ちょっとしかないし、、ということで、無理して歩いちゃいました~ ><
これが体力消耗の一番の原因だったと思います。
師匠もさぞかし、辛かったと思います。。なのに、、よく私についてきてくださいました。
本当に感謝感謝感謝です。
(しかも、アンティークのジニョクの家なんて、なんの思いいれもないのに・・てでも私と来ないといけない場所だからってことで今回色々快諾してくださったのです)
うーん意外と・・・いやかなり大変だぁ!!!
20100227_023.jpg
教えて頂いた写真を頼りに、曲がり角を捜す。
左上は、歩いてきた道。この青い店の角を曲がる
曲がったところの写真が右上
曲がって直進、振り返った所の写真が左下
曲がり角の近くの景福宮の目印はこの門。
この門の近くの青い店の角を曲がってください。(左折)

20100227_021.jpg
あーりーまーしーたぁ~
ヮァィ━━━(*ノ´Д`)ノ━━━!!
・・・・て静か過ぎるっ!
でもカフェはやってる感じ。・・・かわいい女の人が家の中から外をのぞく。
師匠がやってるかどうか聞いてくれて、そして外じゃなくて中に入りたい旨を伝えてくれる。
20100227_017.jpg中は靴を脱いであがるのでした・・・
ギャラリー運営と聞いていたので、土足でもOKかと思ったら、あがってスリッパでお邪魔しまーすぅ

うっ!まるで、ジニョクの家にお邪魔してるみたいだ・・・感涙。
お姉さんは、わざわざ来てくれてありがとうーてな感じと、なんでここに?てのが入り混じった感じでした。
もしかしたら、入ったばかりで事情を知らない人なのかも・・・

それとも一旦訪れブームは終了したのでしょうか?
20100227_016.jpgメニューもこれだけで、4500wとわりとカフェにしては安め。

外に人通りはなく、なんか本当に静かな午後でした。
お姉さんは、ジニョクのキッチン場所に座ったらお客さんから全然見えない感じになっていました。
ラジオがかかっていて、あとはパソコンを見てるようでした。
20100227_018.jpgカフェオレ!(またもや)を頼んだのですが、すごく時間がかかってました。
(本当にお姉さんなれてなかったと思う・・・)
その間にトイレを借りたり(笑)陶器をみてました。
←もちろん入口の写真も撮った。
2階にはもちろんあがれなかったけど、2階は別のスタジオかもしれないし、、
とりあえずこの1階ですよね。

20100227_019.jpg下に敷いてあるコースターの紙レースは2枚重なってました・・・うっかわいい。
今度はカップがやはり素敵でした。
こちらで売ってるものみたいで、白がメインで青もある感じで・・・
味はいたって、普通でしたが、なんだかそんなことより、この家にきてるんだーってのが、、
20100227_020.jpg
ダイニングテーブルが置いてあった横の壁など本当にそのまま。
意外と狭い感じで・・・でも映画見たときは、おしゃれで明るくて・・・
洋菓子店が、ゴテゴテに飾り付けられてる内装だったから、余計にこの家のシンプルさ、明るさ、爽やかな色が、残っていたのだと思います。

20100227_031.jpgお茶してゆっくりしてたら、おもむろにお姉さんが
「プレゼント!」と言って渡してくれたのが、このえんぴつです。

韓国語で「また絶対に来て下さいね」と言ってくれたそうですが・・・
わーん!なんか、申し訳なかったです。絶対にまた行く場所ですよ!!!
こんな素敵なプレゼント受けることが出来て、本当に嬉しかったです。
http://www.1260.co.kr/
アンティークのロケハンチームは、ほんと素敵な所ばかりみつけて来ましたね~~

さて、そこからまたまたロケ巡りです。
キッチンのあの市場です!こちらも事前に教えて頂いて、急いで地図を印刷して持っていったのでした。
場所は、地下鉄1号線祭基洞駅の京東市場。
タクシーで行きました。

せっかく、メールではトッポキを食べたりカメラを買ったりした建物まで教えていただいたのに、、、
なんだか当日はすっかり「果物エリア」だけに集中してしまい、、
映画も見直して行かなかったし・・・とりあえず適当に撮った写真がコレ
20100227_024.jpg 20100227_025.jpg
適当すぎて笑えます(笑)
でも、こういう市場来たのもちろん初めてで、なんか迫力に圧倒されちゃったんですよね。
南大門市場は、観光客馴れしてて、声かけが多かったけれど、ここでは一切なし。
本当に庶民の買い物の場所なんだなーって思いました。

あとちょっと下町の香りも感じました。ここ1日半、ずっといわゆるセレブエリアっていうか、おしゃれエリアをまわっていたので、けっこう洋服とか皆さんおしゃれだったんですけど、、
この町へ来たら、一気に庶民って感じの方々ばかり・・というか市場だから若い子いないし・・
そんな中、買ってみたのが、、
20100227_032.jpg
ピーナッツと干し柿です。いずれも1斤・・・これが何グラムか忘れちゃって・・・
600gだったんですよね。
干し柿は、家でも好評で、もっと買ってきてくれれば良かったのにーだって(笑)

本当は、夜ご飯のあとに、東大門へ遊びに来る予定だったのですが、今の疲れ具合では無理っ!
でも、東大門には、行ってみたいーって事で・・電車でも2個だし、行く事に。

そういえば、今回駅で若い子に道を聞かれること2回!
最初は、前日に後ろから「すみません~」(ハングル。ドラマでよく聞いているフレーズが!)
「●●へ行きたいのですが・・・」
師匠とっさに「分からない」と答えてしまったが、後から「あっ私達と同じ方向だった!」と気がつき、質問されている内容が分かっただけに、答えてあげればよかったねーって話をしてたのですが、、
神様はリベンジを与えたのでしょうか?
また、聞かれて・・・師匠は答えてあげてました。
でも、本来ならうちらが聞きたいんだよぉ~な立場なのに・・・
なんでこんなに2回も聞かれたのかなぁ(笑)

でも師匠が居なければ、女の子達も助けられなかったし、、師匠のおかげなのでした・・・

東大門の写真はないです。
ショッピングモールだし、、干し柿とか持ってたし~
とりあえず有名な所に入って、グルリと一周・・・韓国の民芸品店に入ってお土産を物色(笑)
ここでもアクセサリーを見てたんだけど、あまり好みの店がなくて、、そしてカチューシャばかり売ってて・・
ああー日本にそのうちくるなーって見てました。

そこからさすがにタクシーは遠いので、グルリと2号線で帰る事に。
意外と混んでて・・・そして時間は40分ぐらいでしょうか。

ホテルで一休みして、いよいよ韓定食の「ハンミリ」へ。
タクシーで行こうって事になり、、ホテルの前でちゃんとドアマンの人が、言ってくれてたし・・・ちょっと安心してたんですけど、、やられましたよぉ!
これも師匠が居なければ、そこで降ろされてたし・・

なんとチャイナファクトリー?っていう中華屋の前で、「ここだ」とか超適当な事言われて・・・
師匠だまっちゃーいませんよ!
「ここは、私たちが行きたい店じゃない。名前はハンミリだ!ベンツのお店の横だ!」←こんな感じに言ったよと言われた気がします。
運転手も苦笑い・・・あっ喋れるのね・・・て感じで、結局近くに行っても分からず、道端の駐車場管理人の人に店の場所を聞いたのだけど、ついたのが、ハンミリの駐車場前! ><

大丈夫だと思って、載っていたガイド本を持ってこなかったため、地上にあるのか、地下にあるのか分からず。
でもお店の入口らしきところがなくて、、駐車場の人にきいたら、「した!」って言われて・・
えっ?なんか車が通る道を下りていくの??階段とかないわけ?
ってウロウロしてたら、ビルの入口をみつけて、警備員さんに聞くと、やっぱり下を指差し、そこの階段から降りなよーって非常階段(室内)を教えてくれる。

あまりに不安そうな顔してたから、見に来てくれたよね・・アジョシ。ありがとー
降りたら・・店ありました。
結局裏の駐車場入口付近から入って、、近くのお店の人に声かけたら、正式入口の場所を教えられ
そこで、案内される・・・
20100227_033.jpgオンドルの部屋!かと思ったら、間仕切りのしてある場所でしたが、すごい混んでて!!!
私たちの隣は家族のお食事会のようでした!
すごくワイワイしてて、もっと気取ってるのかと思ったら違ったので、拍子抜け。
だけど、かしこまりすぎても食べられないから、良かったです!
しかも2人だから、はじっこの席を用意してくれたし、、私はオンドル体験できました!

私たちのテーブルを担当してくれたオバサンも、すごい江戸っ子なみのサバサバ感で
しかし、あとから分かったけど、コースも私たちが食べられるところしか、さしてなかったですね。

私はどーしてもクジョルパンが食べたかったので、そのコースが45000wで、瓶ビールが5000w、コップ一杯のパイナップルジュースが3000wを頼みました。
20100227_027_2.jpg
カボチャのスープ/前菜(サラダ)/トッポッキとエリンギと肉?/チャプチェ/きのこのスープ/チヂミ/てんぷら/クジョルパン
20100227_028.jpg
うなぎ(からかった)/スペアリブの煮込みとおしんこ/ご飯、スープ(辛い)/お漬物/おこげスープ/デザートはなしとお餅/シッケ

これが全部でた料理です。・・・約4500円のコースとは思えないこのボリューム感!
約4000円ちょいぐらいでしょうかね???
しかもこのお店は化学調味料を一切使わないお店だそうです!
ハンミリコース料理紹介

本当に本当に美味しかったです!
上段の写真での白い鍋のスープは、キノコスープなのですが・・日本では食べた事にない風味のスープでした。
そして、楽しみにしていたクジョルパンまで行き着くまで、すごくおなか一杯になってしまって、、、

・・・食べきれないの分かっているので、ある程度たったら片付けてしまいますが、チャプチェとスープはまだ食べます!と意地を張って一回持っていくのを阻止したのでした・・・(笑)
あと、てんぷらが食べられなくて、、ダメもとで、師匠に持って帰ってよいか聞いてもらったのですが、
「食べきれないので」と言ったとたんに「はい片付けます!」となってしまって、、、

次におしんこ達もすごく余ってしまったので、これも持って帰りたいなーってちょっと師匠にお願いしたら、
「本当はダメなのよ・・・でもやってあげなくちゃね」と言ってくれたそうです。
・・・日本人旅行者だからでしょうか?
それでも、冬だったからこそ、しぶしぶ持ち帰る事が出来たということを大きく書いておきます。
これを読んで、間違っても全部持ち帰ることを、考える方もいらっしゃるかもしれませんが、、これからの時期はヤバイと思うので、店側でも何かあったら困るし・・・と後から反省しました。

お店では、あとピーナッツのお土産をもらって~タクシーを呼んでもらい(これも師匠が言ってくれた)
ホテルへ戻りました。
ご飯は、ちょうど2時間ぐらいの目安で終了になるようです。

それから師匠はホテルの部屋で休んで、私はCOEXモールの中の探検をしてました。
20100227_029.jpg
↑コーチのイベントをやっていて、ベンチもこのようにデコられてました。

ウロウロして化粧品買ったりプラプラしてて、22:00すぎに戻りました。
そこから、荷物整理・・・いつもなら、うわん!ってなっしゃうぐらいですが、
今回は12:00すぎにはお風呂も入り終わって終了しちゃったのでした。

4日目に続く


コメント

  1. ももんが | URL | XQ3Y5dcw

    行きたい!

    こんにちは~^^

    ジニョクのおうち、カフェだったんですね!
    私もあの家すごく気になってて
    特に、ジャケットを羽織って出勤していく
    ラストカットが印象に残ってます!
    「あなた、行ってらっしゃ~い」と見送る妻の気持ちで(σ∀σ)

    私のコプのお店に行った時はちょっとがっくり…
    値段の割には味もいまいち、手入れしてない外観も(@-@
    ま、それも韓国っぽいっていうか…

    次に韓国旅行に行く時には
    絶対ジニョクのおうちに行きたいので
    その時にはまた教えて頂くかも!
    どうぞよろしくお願いします^^

  2. chiko | URL | SJMMuUIM

    Re: 行きたい!

    >ももんがさん
    今晩は!コメントありがとうございます。

    > ジニョクのおうち、カフェだったんですね!
    ギャラリー「手」とカフェの両方をやっているみたいですね。
    HP見ると、ギャラリー活動が色々掲載されてました

    > ラストカットが印象に残ってます!
    そーなんです!私も最後のラストカットが凄く凄くよくって
    (ゴミだししてましたよねしかも)
    是非とも一度行ってみたいと思って、、だからドアも激写したのです(笑)

    > 「あなた、行ってらっしゃ~い」と見送る妻の気持ちで(σ∀σ)
    ワハハ!!!!!!

    > 私のコプのお店に行った時はちょっとがっくり…
    あーやっぱりそうだったのですね。外観はちょっとなんか外に飾ってある布?ですかが、すごく汚くてぼろくて、、ビックリしました。

    > 絶対ジニョクのおうちに行きたいので
    > その時にはまた教えて頂くかも!
    どうぞ!どうぞ!!!完璧です!!!!(笑)

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. chiko | URL | SJMMuUIM

    Re: いいなぁ~!

    >鍵コメントt様
    コメントありがとうございますー!
    お返事が遅くなってしまい申し訳ございません。

    > 昌徳宮
    ここは、ツアーに入って案内の人の後ろについてまわる見学の仕方なので、、、
    もうちょっとココでゆっくり!というのが出来ないのが残念でした。
    だけど、説明は面白かったです。
    オンドルは、今度メモを頼りに書きますね!(笑)
    て、wikiとかに載ってる気がします、、、ほほほ。

    > むむむ、やはりしゃべれないと楽しめないなぁ。
    そんな事ありません!
    昨年の私の旅は、友達ふたりで喋れないたびだったのに、満喫しました。
    日本語通じますので・・・日本語メニューもあります。
    ただ、、ちょっとお高めだったりするので注意ってだけなのです。

    おお!東京に!?昼間は暑かったけど、夜はめちゃ寒いです、、
    温度差に気をつけてくださいね~~

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. chiko | URL | SJMMuUIM

    ありがとうございました。

    >鍵コメントd様
    今晩は。コメントありがとうございます。
    お返事遅くなり申し訳ございません。
    さて、このたびは本当に色々教えてくださりありがとうございました。
    最後の駆け込み寺のようにお聞きしてしまい申し訳ございませんでした。
    また、是非とも色々なお話をお聞かせください。
    本当にありがとうございました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://annyong198205160925.blog53.fc2.com/tb.php/1047-7e0ef416
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。