スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「義兄弟 SECRET REUNION」ジャンパンプレミアに行く

2010年09月14日 00:32

20100328_k.jpgこの秋入隊しちゃうんですね。
来年かと思っていました・・そっかーだから全国横断での挨拶なんですね。
いやぁ~よく当たったなぁー私、、、何かが失われたかもしれません!(笑)
でも、楽しかったし、かっこよかったので!良かったです。
オフィシャルHP

■『義兄弟 SECRET REUNION』のジャンパンプレミア
■9/13(月)
■19:00~
■2300円
■品川きゅりあん大ホール
■舞台挨拶:カン・ドンォン

司会はいつもの古家正亨さん

明日にでも、韓国サイトでの写真があがってからアップしようかと思いましたが・・・
カン・ドンウォンし!おしゃべりなんですね~
色々長くて、メモしたもの忘れないうちにアップしちゃいます。

ですが!メモです。
なので、ニュアンスがずれてたり、足りないこともあると思います。
雰囲気をお楽しみくださいませー

--------
時間はあまりみてなくて、司会の古家さんが登場して、注意事項を述べる。
舞台挨拶は二回目で、一回目は映画を見たあと、二回目は見る前!
ということで、今回は見る前の挨拶レポです。

※見たあとが良かったなーと正直思いました。
どんな気持ちや思いが、シーンにつまっていたかなど知りたかったな。

古家さんが
「カン・ドンウォンさん登場です!」

お客さんが一斉に座りなおして、正していたのが印象的でした。
そりゃそうですよね。
ほんと、お目にかかれない明星様ですから、、

いっぽう、、カン・ドンウォンし、、
下手から、、、ヌボーんと(笑)

髪の毛はクルクルパーマでくろぶち眼鏡!(残念)
⇒髪型だけでも、、シネマトゥデイ
シネマカフェネット
ウォーカープラス

白生地の黒のちょっとした柄が入ってるシャツ(オシャレ)に
グレーのY型おっさんカーディガン!だけど、カン・ドンゥオンが着るとオシャレに!
黒のカーゴパンツを、裾折ってなくて、裾がちょっとつぼんでるふうなカーゴパンツ
ちょっとだけすねた見えて(黒い靴下)
ハーフブーツ。(遠くからは革ぽくみえたけど、スニーカーっぽいブーツだったらしい)

とにかくパンツと靴の間に見える足が細い!細い!細い!
古いですが、ルパン三世の足首みたいでした! モンキーパンチか!ってあんなO脚じゃありません。(笑)

でも、肩幅はあるからしっかり男性だし、、
顔小さくて本当に8頭身でした、、すごいなぁ~
パーマ・・・また似合ってるしね(笑)
ちょっとネコゼなんですよね。

おもむろにセンターに立つ そして手をふる。。。
私たちも手を振りました(笑)
司会
それでは、挨拶をお願いします

カン・ドンウォン
えーこんばんは。カン・ドンウォンです。お久しぶりです。

ここで日本語とかくるのかと思いきや、、一言もなし!!!!
でも、カン・ドンウォンの声だーぁと感動

司会
お久しぶりよね。日本のファンについていかがですか?


カン・ドンウォン
たまにしかお会い出来ないから、喜んでもらえるかな・・・
たまにじゃないと、喜んでもらえないような気がします。

※ファンから、そんなことないのにーとブツブツ。


司会
この映画に出たきっかけを教えてください

・・・・すごい喋ってるんですよ!カン・ドンウォンし・・・
日本なれしてる人だと、きりのよい所で、チラと通訳さん見るのですが・・・
そんなこともなく、、でもすごく朴訥なしゃべり方というか、ゆっくりと喋るんですね。
声もいいしぃーー素敵・・・ と思っていたら通訳さん

カン・ドンウォン
この質問、昨日から何回も受けていて、10回目ぐらいかな~、韓国からあわせて50回目ぐらいですよ~(笑)
シナリオをもらったときは、前作の映画の撮影終盤でした。
シナリオの完成度の高さと、監督、キャスティングをみて断る理由がなかったのですが、前作の映画が7,8ヶ月撮影があって、疲れていました。
とりあえず、監督にあってみようということになり、会って、話をしたら、話が通じ合って、監督から「僕を信じてやってみませんか?」といわれ、本当は一度持ち帰るはずが、その場で「はい」と返事をしました。


↑長くないですか?
師匠と一緒に行ったのですが、通訳さんははしょってないから、安心して!といわれ・・・
現在私のメモと記憶力をたよりに、文章におこしてます(笑)


司会
聞くほうも辛いんですよ~すみません・・・でも今日初めて聞くお客さんもいますからね。

※余計な一言が多い古家し・・・(笑)悪気はないのですがねー

司会
監督は、キム・ギドクの弟子ですが、演技の演出については、自由でしたか?指導ありですか?

カン・ドンウォン
ソン・ガンホさんの役柄が自由なのに対して、僕は表現の自由が制限されています。
ですので監督と話をして、どこまで出すかを聞いて、指導されたこともありました。
ガンホさんは、おおらかに、僕はひきしめて、すべて計算して、どこまで出すか、監督とたくさん話をして細かい指導のもと演技をしました。

司会
カン・ドンウォンさんはオシャレですが、映画なのでファッションについて意見を言ったりしますか?

カン・ドンウォン
ファッションについて、意見を言ったりします。でも、意固地になったりはしませんが、主張はしたり、意見を出します。
ジウォン(今回の役)は監督と、話をしました。
あまり派手にならず、でも変にならないように、、、
役者として、衣装も表現の一つとして使うことが出来ると思っているので、気をつけています。


おおお~感動!感動ですよー
これは、良い言葉です。そうです!衣装も表現の一つとして十分に役にたちますよね。
それを使わない手はないのです!!!ってこのあたりについては、お手紙かきたいなー某ジフニさんに(笑)

しっかしカン・ドンウォンしは、話し方がかわいいね。
通訳してもらってる間も、別に手をふることはなく、、、足をひっくり返し(突然なると捻挫になる外側へ足首を曲げる)たりして、、、ワハハ。
マイクの持ち方もかわいいーしねん


司会
ソン・ガンホさんについて、撮影前は恐い印象だったようですが、後と前と変わりましたか?


カン・ドンウォン
撮影前は、確かに恐いと思っていました。
撮影始まっても、内向的で人見知りなので、やっぱり恐いと思いました(笑)
でも、話をしてみたら、好みも似てるし、普段しないような話や、深い話もしました。
自分をありのまま出せる人で、深い関係になりました。
今でも、時々二人で会って、話をしています。

ここで一回区切って通訳・・・・↑

カン・ドンウォン
今回プロモーション二人で来てたら、出来なかった話です。
ガンホさんと二人で来たら、僕がただ思っていただけで、ガンホさんは違うというかもしれません。
でも僕はこれが本心です。

司会
でもこれが韓国のニュースに流れるのでは??

・・・またまた余計な一言、、、、

司会
今回、会場から質問を受けつけていました。
ひとつめは、 毎回作品をみて成長されていますが、今回は新しい自分を発見されたのでしょうか?

カン・ドンウォン
何かを発見したりするのではなく、役を与えられて、自分の中から色々引き出して演じています。
神が降りてきて、演じてるわけでは、ありません。
今回の作品では、課題が出来ました。
実は、義兄弟では映画が8作目で、ドラマ3作あわせると11作目になるのですが、、演技の基盤が作られたのではないかと思っています。

ようやくここから、柱を立てることが出来るようになったのかな?と。
そして、今回は、終わったあと、台詞がないこの役を、どうしたらもっと良く演じる事が出来るかな?と思いました。
今度、同じような役が来たら、もっと良く出来たら良いと思います。

・・・ここで通訳↑

カン・ドンウォン
野球の投手が、最初からカーブを投げないように、直球を沢山練習しますよね。
そして上手くなってカーブをなげますが、今ようやくカーブを投げられるようになるかなと。


司会
もうひとつ質問ですが、時間がなくてですね!
一言でお答えお願いします!!!
父親役を今回なさりましたが、自身親になったら何を最優先させますか?
一言で!

ここでファンが「長く話してー」と韓国語で。
皆さんけっこう同時タイミングで笑ったり反応されてるから、すごいですね

通訳さんにも一言だけと言われてた・・・

カン・ドンウォン
じゃー一言で。
仕事も家庭も大事にしたい。仕事も上手くいかなければ家庭もうまくいかないと思うし、家庭がうまくいかなければ、仕事もうまくいかないしね。
でも、今の僕にはどちらも両立できる自信はないです。

司会
それでは最後の挨拶をお願いいたします。

カン・ドンウォン
暑い中で、監督、キャスト、スタッフととても幸せな気持ちで撮影をしました。
韓国でも成績が良かったので、是非とも楽しんでください。


そして帰っていきました!
最後は大きく手をふってましたねー

あっ花もらってましたねーファンから。・・・1列目真ん中のひと
これから行われる、大阪・名古屋はかなり厳戒態勢になると思われ、、、ます。


さて、いやぁ~短い20分だったのかなー
30分ぐらいある感じなぐらい、沢山話してくれて楽しかったです。
今回、カン・ドンウォンしから聞いたことで二つ印象にのこっています
ひとつは演技の姿勢
1)僕の内なる部分から、出して演技をしていく
2)衣装も表現の一つと考えます。


1)について、ジフニも同じようなことを言っていたなーと思いまして。
私は、このやり方すると自分のなかで、役柄が納得とか出来なかったら、出来なくなっちゃうのでは?って
思うのです。
だけど、きっとカン・ドンウォンはお話を沢山するんでしょうね、、、
今回も監督とたくさん話をしたって言ってましたから。

そこから、自分が分かるジウォンの表現をもっていったんだと思います。
だからこそ、11作目でようやく基盤が出来たって・・・
色々な役柄をやることによって、自分の中に演技の理解力ストックできたんでしょう。

役を自分の中入れるというか、、
確かに、数やってる役者は強いですよね。


そしてモデル出身の彼がいうと、さらに説得力が増すという
「衣装も表現のうち」
先月のLEEかなにかで、深津絵里さんがインタビューで、やはり同じようなことを話していました。

見た目も大事だったり、それによって印象もガラリと変わりますね。
分かっていても、なんでこれなのよ!っていう洋服もありますし
(あきらかに、狙ってない洋服)

そういうのも「ひとつ」と考えられるのはすごいなーって思いますっ。

いやはや、楽しかった!
そしてやはり、カン・ドンウォンしの声は素敵だったわー

※チケット完売らしいですが、、、
今後のスケジュール
■ 名古屋会場
ゲスト:カン・ドンウォン(予定)
会場:稲沢市民会館
日時:2010年9月14日(火)開場:17:00(予定)/開演:18:00
(上映終了後舞台挨拶:20:00~20:20(予定))
料金:¥2,300(税込)

■ 大阪会場
ゲスト:カン・ドンウォン(予定)
会場:サンケイホールブリーゼ大ホール
日時:2010年9月15日(水)
1回目:開場:14:30(予定)/開演:15:20
(上映終了後舞台挨拶:17:20~17:40(予定))
2回目:開場:18:15(予定)/開演:18:45
(上映前舞台挨拶:18:45~19:05(予定))
料金:¥2,300(税込)


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. chiko | URL | SJMMuUIM

    分かります!

    >鍵コメントtさん

    今晩は!実は、先日まで夏休みで関西に行ってました。
    室生寺と飛鳥とか奈良を満喫しました。
    空が広くて、緑が綺麗で! すごく楽しかったですーーー

    さて、ドンウォン君。
    通訳によって、ニュアンスの違いとか凄くあるので、それで誤解とかしちゃう場合もあるようですが、
    今回は、良かったようです。
    ジフニさん、ほとんど通訳されてなかったって、ひどいなぁー
    やはり、韓国語を覚えないといけないのでしょうかねぇ~(アハハなんて発言だ)

    通訳を考えずにベラベラと喋るドンウォン君に萌えました(笑)
    ああいう、ちょっとイベントなれしてない所がいいんですよね。

    洋服は、記者会見の洋服と夜の部の洋服とか違ったみたいです。
    記者会見の洋服はすごく、暑そうでしたよね。
    足がみえなくて残念です!
    ジャケット脱いでくださいといわれても、脱がなかったそうな。
    ポリシーですよ!

    生のお姿を見ておきたい一人だったので、良かったです
    あと、お会いしたいひとは、オム・テウンとオ・ジホです!(笑)

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. chiko | URL | SJMMuUIM

    Re: 飛鳥!

    >鍵コメントtさん
    そーなのです。。。すみませんっ。
    今回はすごく時間がタイトで・・・どっぷり奈良楽しませていただきました。
    すごく素敵なところで満喫させてもらいましたー!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://annyong198205160925.blog53.fc2.com/tb.php/1107-5de0f5ee
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。