スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映】「デイジー」アナザーバージョン感想

2006年08月12日 08:21

poster_02.jpg

今更サブローシロー(寒っ)ですが・・・ようやく書けますぅ
7/9(日)実はバネ君コンサ2日目の朝一番で見に行ってました。

オリジナルバージョン感想【映】「DAISY」を見る


ネタバレあり
さてこのアナザーバージョンは、韓国で公開されたものを今回公開してくれたんですが・・・うーん 最初に言ってしまうと、私はオリジナルバージョンの事が好きでした・・・
オリジナルバージョンは主役3人それぞれの視点から「ひとつの出来事に繋がっていく」というのが良かったし、そこからチョン・ウソンとチョン・ジヒョンの二人の話になっていき最後へ至るわけですが・・・
今回は、暗殺者ウソンの目から見た物語進行だったために・・うーん普通の映画になってしまった気がします。

あの広場の一場面へ繋がる三人の過程って本当に大事で、ウソンの暗殺者がチョン・ジヒョンを好きになった過程ばかり見せられてもなーと。
見たことない映像とかあって、ウソンファンにとっては良かったかもしれないですが・・・

なにしろ説明台詞の多いこと多いこと!
そんなになんで?という感じだったです。 そんなに説明してもらわなくても大丈夫!!!とか思いましたし、オリジナルでみたときのなんか「自分感覚感動?」っていうのが逆に薄れてしまったです。
(あーこうだったのかー こうだと思っていた~ なんだー ・・・みたいな)

一番は、ウソンがジヒョンに正体がばれて、銃でジヒョンがおどして・・・そして倒れてしまう場面ですが・・・あそこは、ジヒョンがもう興奮状態で気を失ってしまったのかと思ってたら、
「ちょっと眠っていてくれ」
とアナザーバージョンではウソンのナレーションが入り
「えっー 薬いれてたんだ・・・」
みたいなぁ
・・・いいよ薬入れたとか入れないとか。倒れたのは事実なんだから・・・とか思ってしまったのです。

ここまでウソンの流れを見せてくれるのなら、他の二人の流れもたっぷり見たいわ!ってきがしました。
イ・ソンジェの韓国での苦悩ぷりとかね。愛し合っていながらも負傷したから強制帰国ですよ!しかも愛する人が怪我で入院してるっていうのに!どんなに辛いかどんなに苦しいか!はかり知れません・・・
てやっぱりオリジナルで見たからこそ、ここまで感情移入できると。

とここまで言う私ですが、でもきっと両バージョンが入ったDVDが発売されたら、買ってしまうのだろうなーと思います。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://annyong198205160925.blog53.fc2.com/tb.php/30-3c00be10
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。