スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「宮」22話ツボキャプチャー

2007年05月03日 16:51

0136_22.jpg
22話ベストショット
この涙に涙でゴザイマス


アルフレッドとの語らいシーンも捨てがたかったですけどぉ~
やっぱり自分の気持ちを言えないシングン・・・涙ポロリは悲しすぎ。
22話は「廃妃」だのなんだの・・大変デス

※画像をクリックすると少しだけ大きくなります
0001_22.jpg 0003_22.jpg
0002_22.jpg
ユル「従兄弟との妻として見たことない。ずっと好きでした」
一同呆然・・・ダヨネ~ユルママフォローするけど、無理無理
↓このシーンも悲しかったわ!
0004_22.jpg 0005_22.jpg
0006_22.jpg 0007_22.jpg
0008_22.jpg 0009_22.jpg
0010_22.jpg 0011_22.jpg
0012_22.jpg 0013_22.jpg
0014_22.jpg 0015_22.jpg
とりあえず、外に出てるシングン・・・そこで・・・
シングン小さい時「ユルー」って呼んだら、ユルが「皇太子孫殿下って呼べよ!今度、ユルって呼んだらただじゃおかないからなぁ~」
・・・W(`0`)W なんて奴だユル!ムキィー・・・←まんまとハマリすぎだって(爆)
この幻覚見たあと、「フー」って溜息つくシングン・・・フゥ~o(;△;)o
0016_22.jpg 0017_22.jpg
ユル「元々僕の許嫁でした。僕の意思とは関係なく、皇太子の座から降ろされたのと一緒で、この気持ちはもうどうにもならない・・・」
そしてチェギョンを許して下さいとお願いする。
皇帝は部屋に連れて帰りなさい・・・と許します。
ここの皇后とか怖かったですね! 逆転の立場になったというか・・・
0018_22.jpg 0019_22.jpg
0020_22.jpg 0021_22.jpg
0022_22.jpg 0023_22.jpg
ユルは法度をなくす・・君は守れ。でもチェギョンは生まれて初めて手に入れたいと思った・・・皇太子を諦めるから、チェギョンを自由に・・・」
シングンは、悪縁の事もあるから余計に反対しますー
てか、この場面がかわって胸ぐら掴んでるシーンは不自然でしたね(笑)勢いがないっていうか・・・しかし台詞はすごいなんか勢いだったと思いますー
0024_22.jpg 0025_22.jpg
0026_22.jpg 0027_22.jpg
0028_22.jpg 0029_22.jpg
チェギョン・・シングンが迎えに来てくれたと思ったら、ユルでした・・・ガックリ(*_*) シュン・・・
0030_22.jpg 0031_22.jpg
0032_22.jpg 0033_22.jpg
0034_22.jpg 0035_22.jpg
チェギョン「シンに頼んだ覚えはない。ユル君連れて行って・・・」
あう~(;´д` )こんなシーン連続はホント辛いです
これしか言葉が浮かばない~
0036_22.jpg
ユルは「どんな話になっても、受け入れて欲しい」
・・・これって、ユルグンが、チェギョンを連れて出て行きたいと行った事?か・・・
0037_22.jpg
お兄さんの言葉・・お兄さんはユルママを愛していたんだよね・・それなのに~「悪縁は悪縁として戻ってくるのを、知っていたのか・・・兄さん」
0038_22.jpg 0039_22.jpg
0040_22.jpg 0041_22.jpg
チェギョンに触れる事が出来ないシングン
「どうしてだ。どうしてなんだ・・・チェギョン」
「ママ!私を連れて行って・・・」と寝言。・・・苦しいっす。
このジフニの女の子っぽい座り方好き(笑)
0042_22.jpg
皇后とユルママ・・・皇后は、ここぞとばかりユルは皇帝失格じゃないか?と言うのよねぇ~怖いぃ
0043_22.jpg
部屋に入って、ユルに怒る・・・
「二人で上手くやって来たでしょう。また戻りましょう」
「できない・・・彼女は僕を笑顔にする。失ったら、昔の僕に戻ってしまう・・・」
ユルママショックーく("0")>なんてこった!!
0044_22.jpg 0045_22.jpg
0046_22.jpg 0047_22.jpg
0048_22.jpg 0049_22.jpg
皇帝ってば「ユルの気持ちを知りながらも黙っていたのか!恥ずかしくないか!」ってo(;△;)o 酷すぎるよ
やはしお婆さまが「今一番辛いのは、太子だから・・」とフォロー。自分もユルとチェギョンが仲良くしているの喜んでいたと・・これまた反省。
ここでシングン
「これはユルの一方的な気持ちです。チェギョンまで責任を問わないで下さい」ってチェギョンをかばうだよ~愛だよ愛。
皇帝「皇太子妃にユルへの気持ちがないと言い切れるのか?」
(´Д`) ・・・言い切れぬとシングン黙り込む・・・うーんチェギョンは先に好きって言ってたんだけどね~チミがちゃんとはっきりしないから!とここで、ツッコミはいっちゃうぞ。
ここのシングンの洋服・・・ネックレス?素敵なんだよね~
0050_22.jpg 0051_22.jpg
0052_22.jpg 0053_22.jpg
お姉さんに「正直に言うことをすすめられる」
そこへシングン「ユルについて聞かれたら、知らないと言え・・・」
ソリャ無理でしょう・・
チェギョン「人より法度や体面が大切なのは、知ってるけど、もうウソをつきたくない」
シングン「追い出されたら、2人で駆け落ちでもする気か? ユルとそう約束したのか?」
チェギョン「シン君の事で苦しんでいるのに、なぜユル君の話ばかりするの? ずっと待ってた・・・来てくれると信じてた」
もうすれ違ってすれ違ってどうにもならないデス
0054_22.jpg 0055_22.jpg
0056_22.jpg 0057_22.jpg
「なぜ行かなかったのか分かるか?
お前達がコソコソと影であんな事企んで、やっと口を開いたかと思えば、こんな風に皇室を混乱させて、許しをこう為に座ってるお前の姿を見ると、吐き気がしたよ・・・」
「今でも、俺を傷つけたお前が許せない」
愛してるのに・・・愛してるのに~<(T◇T)>わぁああああ!
しかしこんな風に言われたら、もうへこむってか・・・「ムリ」って思うのは当たり前だよね・・・
0058_22.jpg
皇帝が呼んでいると呼びに来るお姉さんたち
0059_22.jpg 0060_22.jpg
0061_22.jpg 0062_22.jpg
0063_22.jpg
ここで更に追い打ち
「俺の許可なしに、ここを出られると思うのか?
一生俺の傍で、一緒にココでクラスのだ。それが、俺を傷つけ、裏切った代償だ」
―(T_T)→ ・・・言い過ぎだ。怒ってるのは分かるけど、言い過ぎだよ・・・もっとチェギョンとちゃんとお話せねば・・て血の気の多い10代って感じですか?
そしてお姉さん達の前でこんな暴言(;_;)駄目だよぉ~
0064_22.jpg 0065_22.jpg
0066_22.jpg 0067_22.jpg
家族はユルがチェギョンが好きだって噂がある・・て。元々許嫁はユルだったらいしよーてことで、弟の面白妄想!
チェギョンがもの凄くワガママ(笑)
家族はユルが良かったなぁ~なんて思ってるかもしれないけど・・本当に優しいのはシングンだと思うぞ~( -o-)/☆
0068_22.jpg 0069_22.jpg
0070_22.jpg
皇帝は「ユルの気持ちを知っていたら、距離をおくはず・・従兄弟に慰めてもらおうとは!」
お婆さま「チェギョンの気持ちはどこに?ユルと一緒なの?」
ここでチェギョンは泣いちゃうんだよね・・最初は泣かないで「シングンです」って答えろ!ぉ~って思いましたが・・・・
↑あんな風に言われた後だったら、ワタシでも言えないかなぁ・・・悲しいくらい本当の事だけど、、、一緒に暮らすことが罰だとか言われたら・・・
(T△T) アウアウ~
0071_22.jpg
ユルに諦めなさいという皇帝・・しかしユルは断る・・・
0072_22.jpg 0073_22.jpg
「どうして上手くいかないんだろう。」
0074_22.jpg
「こういう時に何て言ったらいいか、誰も教えてくれなかった」
0075_22.jpg
「よく似合うだろう」
0076_22.jpg 0077_22.jpg
0078_22.jpg 0079_22.jpg
「泣くなよ。みっともないぞ・・・」o(;△;)o
0080_22.jpg
↑このシーンはやっぱり泣けますっっ
チェギョンに酷いこと言ってしまったて分かって、反省してる場面だと信じたい!
0081_22.jpg 0082_22.jpg
0083_22.jpg
チェギョンはシングンと家族の写真を見る。ユルも物思いに・・・
持ってる楽器がよく分からず~コレなんですか?
0084_22.jpg 0085_22.jpg
「ユルを宮廷から出す事にした。チェギョンと距離を置いて、結婚を急がせる」
そこでシングンつかさずやっぱり
「チェギョンはどうなるのですか??」
シングンここでも、チェギョンの事を思い聞くのよねぇ
0086_22.jpg
従事から結果を聞かされるユル。覚悟していた・・と冷静
0087_22.jpg 0088_22.jpg
0089_22.jpg 0090_22.jpg
0091_22.jpg 0092_22.jpg
0093_22.jpg 0094_22.jpg
ここでチェギョンにシングンは「追い出すってどういうことよ!」と責められる
「私のせいよ!私のせいでこうなった」
「一緒に追い出されなくて残念か?」
「よくそんな事言えるわね! ユルが可哀想だと思わないの?」
「可哀想? あいつを見てるとムカムカするんだ」
「なんで私はココに残されるの?」←o(;△;)o
「お前はここで一生暮らすんだ。それがお前に対する罰だ・・・入るときは好きで入れても、出るときには出られない。それが宮廷だ」
「今回最後のチャンスかもしれない」
「ユルについていくのか?」
「そう思われても構わない! こんな残酷で冷たい所から抜け出せるなら!」
シングンllllll(- _ -;)llllll
もう!またもやの展開です~(;>_<;)
シングンの素直になれないのが、やっぱり一番悪いと思うのよぉ~
だってあそこまで言われたら、絶対に嫌われたって思うし、「罰だ」「罰だ」って何度も言われたら・・やっぱりムリ~
0095_22.jpg
ユルママは皇帝になんとか決定を変えて欲しいとお願いするが、聞き入れられず・・・そりゃそうだ!
0096_22.jpg
ここで皇后は言うのよね
「私は愛されてなかった。愛する妻の座を失いました。だから息子は守る。皇帝の座は絶対に譲れないと」
ここでユルママ一気に゛(`ヘ´#) ムッキー
0097_22.jpg
「目には目を、歯には歯を!
ユルだけ追い出されるなんてそんな事させない!」
ぎょー怖い! 宗親を使って・・色々動かすのよね
0098_22.jpg 0099_22.jpg
0100_22.jpg 0101_22.jpg
0102_22.jpg眼鏡君登場!携帯電話をガンヒョンにあげるのだけど、いらないと言われて振り向いた瞬間、鼻の穴に指が!(爆)
なごむね~この場面。でもこんな明るい場面に耐えられないチェギョン
 0103_22.jpg
「逃げたいのに勇気がない・・・思う気持ちだけじゃだめなんだよね」
チェギョンは自由人だからね~とガンヒョンでもずっと友達だからね!と励ます。良い子だ。てか髪の毛がめっちゃ綺麗なんだけどぉー(笑)
0104_22.jpg 0105_22.jpg
0106_22.jpg 0107_22.jpg
アジョシが宗親の訴えを伝えに来る。
チェギョンを廃妃にして皇太子妃にも責任を取らせろ!という。
シングンは焦る。
「2人留まらせるか、2人追い出すか・・・受け入れられなければ、このことを国民に知らせる」と脅迫される皇室の人達・・・(´Д`)
このシングンの洋服をみるとイヨイヨ佳境だなぁ~って気がしてきます(笑)なぜなら23話みすぎて最初は絶対にこの洋服だからです(爆)
0108_22.jpg 0109_22.jpg
チェギョンは廃妃と聞いて「追い出されて平民に戻るれるのよね。もしかしたら・・・その方が早いかもしれない」と言う
確かに~もう外出たいんだもんね・・・
0110_22.jpg 0111_22.jpg
0113_22.jpg 0114_22.jpg
0115_22.jpg 0116_22.jpg
0117_22.jpg 0118_22.jpg
シングンはユルママの所へ直接行き
「レベルが低いのですね。真の強者は、戦いにならない相手とは戦おうとすらしません・・・皇太子妃を苦しめないで下さい。皇太子妃は何の害にもならない人です」・・・そりゃ違うけどねシングン(^~^;)ゞ
「存在自体が害になるのよ」・・そうよね。息子を惑わす女だものね!でも、二人追い出されたら・・・その時はどうするのかしら?この人。
シングン
「今度、皇太子妃にいたずらしたら、代価をはらわせます。
勇猛には名誉があるが、野望には死しかない。それを肝に銘じて下さい」
シングン立ち去ったあと、何かを確信したユルママ
「あなたの愛が自滅の道へと続く・・・」
いやー怒りの火をつけてしまったねぇ~シングン。そして・・・ユルに会って、これまたおかしなお願いを・・・
0121_22.jpg 0122_22.jpg
0123_22.jpg 0124_22.jpg
0125_22.jpg 0126_22.jpg
シングン「宗親はお前の味方だ。一方的だと言って欲しい」
ユル「廃妃を止めて欲しいのか? チェギョンの願いを叶えてやるんだ」
そうだよね~シングン・・・ユルお願いするのはムリだよ~
で、ユルはまた多くのものを奪われたからもう失いたくないって話をするんだよね~
シングンも自分の意志とは関係なく皇太子になり
「俺は人間らしさを失った」←だね
「法度のおかげで、暖かい両親も失ったし」←オンマーと呼べないしね
「夢見る自由も奪われた」←映画監督の夢
(だからチェギョンは俺も失いたくない・・・と言えないシングン)
ここで、シングンはまた悪縁の話をする。さすがにユルも不思議になってはっきり言えというが、最後の愛情だ!と言って言わない・・・
0127_22.jpg 0128_22.jpg
ユルママはある指示をする・・・
ユルがあそこまでする必要があったの?と聞くけど
「あなたも望んだ事でしょ・・・」
ユル「もう終わったんだ」←えっえらい!・・・ちょっとは区切りつけてたんだ・・・
ユルママ「弱点を掴んだから、一刀両断にするわ!あなたが望まなくても皇帝にするから」
だけど、ユルは親譲りの悪縁ってどういう意味だろう?と聞く・・・
いやーユルママ怖い!一刀両断!っていやな四文字熟語ですよね・・・
しかしほんとシングンは追い込まれて行きます~
0129_22.jpg 0130_22.jpg
0131_22.jpg 0132_22.jpg
「入るときも自分の意志で決めた。出るときもそうしたい」
「まだ廃妃と決まったわけじゃない」
「廃妃なんてどうでもいい。昔の自分に戻りたい。
シン君の傍で、皇太子妃として生きようとしたけど、その責任を果たす為だけに生きるのはムリみたい」
「もうどうすることも出来ない」
「それで幸せ?イ・シンという名の変わりに皇太子として生きるのが?」
言っちゃった!・・・痛いこと言っちゃった~o(´^`)o
「でも宮廷に来て、シンを好きになれてよかった。宮廷に来なかったらシンは私なんて見向きもしなかっただろうし・・・」と言って立ち去る。
↑これは今でも?っていうふうに聞こえなくもないけど、過去形か・・
0133_22.jpg 0134_22.jpg
0135_22.jpg 0136_22.jpg
0137_22.jpg 0138_22.jpg
↑分かりづらいですが・・・一筋の涙を流すシングン
痛いこと言われちゃったものね・・・何にも言えないわ・・・
お互いナイフを持って、ひと突きして傷つけてる感じ~辛いなほんと、辛い。
0139_22.jpg
チェギョンはユルに出て行くけど、一緒にはならない・・そして来世になってもたぶんまたシン君を好きになると思うから・・・待たないでと言う。
てか、最初からこういう態度でいけば良かったのに!って思うけれど、辛かったものね~宮廷生活・・
0140_22.jpg 0141_22.jpg
「廃妃にして下さい!もうここでは暮らせません!お願いします」
とお願いするチェギョン。
みんな驚くが、今言うべき事ではないとたしなめる・・・
0142_22.jpg 0143_22.jpg
新婚旅行の写真を現像しているシングン・・もういっぱいいっぱいだ。
0144_22.jpg
ユル失恋のショックで泣いてしまう。「誰か止めてもう疲れた」
・・・・自分の押さえられない気持ちにもう疲れてしまったんだ・・この台詞は可哀想だなーって思いました
そしてイヨイヨデス~
0145_22.jpg 0146_22.jpg
0147_22.jpg 0148_22.jpg
チェギョンから呼び出しのメールが・・・急いで行くシングン!
かっこえええ~(笑)
0149_22.jpg 0150_22.jpg
シングンからもらったネックレスが切れる・・てかいつもつけてたわけじゃないよね~コレ・・・ノ(´д`) ヘヘヘ
0151_22.jpg 0152_22.jpg
0153_22.jpg 0154_22.jpg
0155_22.jpg 0156_22.jpg
0157_22.jpg 0158_22.jpg
ユルの部屋に行くと誰もいない・・・チェギョンの似顔絵が転がっているだけ・・・ユルは一体どこに??
そして火事・・・真っ先にチェギョンを心配するシングン!
次回続くー!ε=ε=ε=ヽ(´ο`)ノ

ようやく辛い苦しい回まで終わりました。
やったぁ~あと2回は悲しいけれど、でも楽しいので・・・楽しみです。
しかし改めて内容を追っていくと、やはりお互い傷つけすぎてるシングンとチェギョンです。
なんか、ここまでてのも悲しいというか、宮廷という狭い世界だからこそこういう風になってしまうかも!っていうのは、あり得るかもですね。


コメント

  1. mari | URL | tHX44QXM

    いつもキャプチャーありがとう!!楽しみっス!
    DVDで見終わったものの、chikoさんの感想がたのしいのです。

    お借りしたDVDとレンタルDVDでは字幕が違うのね~ってことに
    今更ですが気がつきました。
    レンタルよりもchikoさんに借りたDVDの方がめっちゃ楽しいです。字幕って重要ね~~。

    あと2話、よろしくで~す!

  2. chiko | URL | SJMMuUIM

    >mariさん
    コメントありがとうです! ヨロシクデス

    >chikoさんの感想がたのしいのです
    あっありがとうございます・・なんか最初は、本当にジフニのツボ画面しかやってなかったのですが・・だんだん内容も紹介するようになってしまって・・うーん
    写真が沢山になってしまいまして、すみません!

    >あと2話
    了解です!頑張ります
    ちょっと違う祭に参加中だったので・・・GW中に終わらせるつもりだったのですが・・・なるはやでやりまーす

    追伸
    asariさんにもヨロシクお伝えくださいー

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://annyong198205160925.blog53.fc2.com/tb.php/301-f3fb8584
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。