スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ「魔王」視聴感想@内容編

2007年05月28日 10:52


3月21日より5月24日までどうもありがとうございました!
オム・テウンシ、シン・ミナちゃん、チュ・ジフンし
他おおおおおお~ぜいのキャストの皆様~♪
そして監督とスタッフの皆様~♪
楽しませてくれてありがとー! お疲れ様でした

そして日本語解説をしてくれました
ゆみこ師匠あやままさんにもこちらで御礼を申し上げます

以下ネタバレ感想(内容について)です。
ご注意ください。

めっちゃ熱い~語りで、長いので、お暇な人だけどうぞー
とりあえず内容についての感想です。
またキャストや演出についての感想は別途・・・てしつこい?(爆)


最終回の最後のシーンについて・・スンハはそうなると予想してました。
というか、そうならなくちゃムリでしょ・・と。
もしくは、ワタシが思ったハッピーエンドは、もの凄い眺めのよい場所で、車いすに乗ってるスンハをヘインが押す・・・映像が流れる・・・とか。
しかし、このドラマはちゃんと最後まで描ききりましたね
そしてオスもちゃんとけじめをつけたのです・・・

オスの直感的な推測から、スンハがテソクと分かった時から・・・スンハに「こんな事して楽しいのか!?」と言いながらも、回想シーンであったように、「それでも生きていたかった」と訴えたり、19話での酔っぱらったシーン「お前の中に自分が見える」と・・・心理的に、スンハに対してどんどん近づく場面があったのも良かったなと。

そしてスンハは、ヘインや事務長から「待っているから出てきて」とテソクという存在を怖がらず認めてくれる人達が両手を広げて待ってくれる存在が浮き彫りにされて、心理的に「もう止められないんだ」「お前はどこまでやれば気が済むんだ」という心情などのうつりかわりもよく描かれてたと思います

20070527_yon.jpgだけど、一方、「いじめ」にあっていたヨンチョルは、果てしなく「復讐」・・・の鬼と化して、サイゴマデ見届けると言ったあの狂気は凄かったですね。
てか、ヨンチョルがナイフ持ってなければこんな事にはならなかったのにーとこれを言ったらおしまいなんですけどね(爆)

でも、最終回の「俺はいつもお前達を探していた。お前達にいじめられないように先に見付けて・・・もう探さなくていいんだな」←こんなような台詞は、涙が止まりませんでした。
あとは、タロットカードを買ったというのをお店の人が覚えてないと言われ
「僕は誰にも覚えられないのです・・・」という台詞

ここまで言わせてしまったのは、学生時代とはいえ、オス達のいじめが原因なのです。
やっぱりそれは本当に「人は過去を忘れても、過去が人を覚えている」と言うことなのだと思います。
悲しいですよね
スンハから「お兄さん今こそ復讐の時がきましたよ」と誘われそして最後・・・オスとスンハの最後を聞いてどう思ったのでしょうね。
きっと、オスがやったんだ!オスは悪い奴だから!とスンハを殺したのはオスだ!と思って微笑むに違いないと思います。やっぱり悲しい・・・・

両親も金持ちに屈服させられて・・・その性格から世の中の人達とウマくコミュニケーションをとることが出来ない。
でも、スンハはそんなヨンチョルを利用したとはいえ、ヨンチョルにとっては、「必要とされている」と感じた部分もあったのでは?と
かなり深読みしすぎてますけど・・・ノ(´д`*)
彼にもだれか待ってくれる人が居たら・・・と思います。

20070527_sun.jpgそんなヨンチョルにしたてあげてしまったスンハ
16歳の少年が兄を殺されそして、その加害者の少年は両親が議員だということで、無罪となりそのショックで母親もなくして・・・ヒトリ復讐を誓いつづけて12年!

自分なりのオス像を仕立て上げていて、あんなに苦しんで生きているとは知らなかったと思う。きっとのうのうと人生を送ってると思ったんだろうな
だけど、オスに近づいていくうちにヘインの「あなたはとっくに許しているのよ」に動揺したんだな~と。
そして、誰かに気がついて欲しい!誰かに止めてほしい!って思った所もあったと思う。

優しすぎるから、ヨンチョルへも「外国へ逃げろ」と言ったわけで。
交通事故現場のお店のお爺さんの治療費を払ってあげたり。
優しすぎるからこんなにヒドイ仕打ちには耐えられずに、復讐という道に走ってしまったんでしょうね。
だけどキョン社長の言ったとおり、そのよすぎる頭を過信しないほうがいいぞ・・・の言葉とおり
そして、オス父の「君も同じ事をしている」発言。(復讐しているつもりでも、そこでまた別に傷ついている人を生み出している)
結局帰ってきましたよね・・・。

最後は・・・
「俺は・・俺を許せないんだ・・貴方じゃなくても・・俺は自分を許せないんだ・・許せない・・」
復讐に走ってしまった自分を責め続けるしか出来なくなったスンハなのでした・・
ううう~悲しいよぉ
待っていてくれる人が出てきたのに。

20070527_osu.jpgオスも本当の事を言おうとしたけど、父親に認められず・・・そして心に大きな傷を背負ったままに生きて、先生に「生きてもいいんでしょうか?」と問いかけた場面とかありましたよね?
次々と友達が殺されそして、兄も容疑者にしたてあげられ・・父は亡くなり・・本当にヒドイヒドイ境遇なのに「すべては俺のせいなんです」・・・ヨンチョルをいじめた事実、テフンを謝って刺してしまった事実、事件を明らかにしなかった事、すべて消せない事実なわけで、これが足かせになって・・怒るに怒れず・・・スンハに自分を見るようになったんですよね・・・

最後あの時スンハが謝って打たなければ、オスは自分から自殺したんでしょうか?
お互い許し合おう!って言ったのでしょうか?
うー

内容的には、ただの復讐ものでしたが、その復讐されるのが「警察」そして、復讐する人が「弁護士」という立場だっていうのも、このドラマの面白さを更に際だたせたのだと思います。

20070527_he.jpg最初ヘインの透視能力てどうよ!って思いましたが、確かにそれに頼った推理があり「えーそうなの?」て所もありましたが、嫌味じゃなく、邪魔にならず、最後二人の心のよりどころとして・・・そしてスンハを好きになってしまったヘインとか、透視能力者より女神みたいなキャラになってたのも良かったと思います。
てっきりオスとくっつくと思ったのですが、まさかスンハだとは!・・・とビックリしたのが正直な感想ですっ~
ヘインの涙には、泣かされたっす・・恋文(爆)も泣かされたっす・・・

すみれの花言葉 「真実の愛、誠実、謙譲」
すみれの紫「誠実、愛・ささやかな幸せ、愛に応えて」
(´∀` )素っす敵だ・・・

「復活」のように「えっ!この人がぁ~」ていうのは、全くなくて、本当にスンハが全部やっていたというのはまた、見返す時に面白いなって思いました。本当は違って誰かまだいるんじゃないの?という思いで見ていたのが、全くなくてスンハ一本に絞れるわけですから・・・

疑問1
スンハはなぜ、昔オスの担当刑事だった人を事務長に迎えたのでしょうか? 偶然ではあるまい・・と思ったのですが
私は、相手の情報収集をさせるために雇ったのかと思いました

疑問2
チーム長以下、2人のあのオスの同僚は、黒幕がスンハだったというのを、分かったのでしょうか??? あとで、ヘインから知らされるのかな・・

疑問3
なぜスンハはスゴンには電話をしたのに、お姉さんには電話しなかったのかな? 勘の強いお姉さんには、分かってしまいそうだったから?

それから・・の想像
お兄さんとソクジンはどうなったかなーあの嫁と結局お兄さんは別れたのかしら?~(笑)

■企画意図
「社会全般に敷き詰められている弱者に対する暴力と差別が人間をどれほど不幸にさせるか、それによって被害者と加害者の償う犠牲の痛みがどれくらいなのかに対する警戒心を植え付ける」
@KBS携帯日本公式より


コメント

  1. シン君のアルフレッド | URL | UKuDJshk

    はじめまして。。
    初めてのリアル視聴「魔王」、ハングルはまったく分からず努力しました。
    でも、ものすごくいいドラマだったと思います。

    スンハの復讐ストーリーには、オスに殺されるという結末があったのでしょうね。
    復讐を終わりにするための最高の手段として・・
    ヨンチョルのように憎しみだけではじめた復讐だったのに、だんだんとスンハの表情に変化が見られるようになって(この辺の演技はただ拍手)、こころの揺れが良く分かりました。

    オスにとってもスンハにとっても、ヘインは女神のような存在でした。
    ヘインの存在がこのドラマを色付けしていましたね。

    疑問1ですが、どこかでスンハがチャ事務長を自分の弁護士事務所にスカウトしたとありました。
    この時からスンハの良すぎる頭の中に復讐のストーリーが書かれていたのでしょうね。

    結局、12年がかりの復讐・・?
    ヘインへの愛だけでは止められなかった?
    でも、復讐に着手する前にヘインに会っていたら?

    それじゃ、ドラマにならないか・・

  2. emi | URL | WnwtnG7o

    語りはまた別の機会にして・・・(笑)

    "疑問2"ですが、実はこれサイトに上がってる
    シナリオにはお姉さんとのシーンがあったのですよ。
    「当分来れないかも・・・。」ってな事を言うようなシーンが。
    翻訳を読んだ時に「ここカットなんですかー!?」って
    がくってなりました(苦笑)

    @ヨンチョルがナイフを~
    それは、私も始まってすぐの頃ヨンチョルのシーンで
    ずっと言ってました(爆)

  3. chiko | URL | SJMMuUIM

    >シン君のアルフレッド さん
    初めまして!コメントどうもありがとうございます~
    本当に良いドラマでしたね。

    >復讐を終わりにするための最高の手段として・・

    本当に、最後自分を殺すことによって、オスへの復讐を完了するはずだったと思うのですが、でもヘインや事務長の暖かい心にふれて、だんだんと自分への自責の念にとらわれ始めて、ヨンチョルを逃がそうとしたり・・悲しいですね

    >ヘインへの愛だけでは止められなかった?
    >でも、復讐に着手する前にヘインに会っていたら?
    雨の中のあのシーンが最初の出会いで。「ボクもありがとう」・・・サイドストーリーとしてもしあのままもっと知り合いになっていたら、もしかしたら止められたかもしれないですね
    でも、ドラマにするのは難しいかもしれないですね~

    >どこかでスンハがチャ事務長を自分の弁護士事務所にスカウトしたとありました
    あーやっぱり最初から分かっていたんですよね。でも何のために?
    警察側の情報を入手するためだったのでしょうか? 利用したつもりが、事務長は怒るどころか、あなたについていきます。あなたの側に居ます・・て言われてしまったら・・後悔もしますね。

    色々な思いがつまったドラマですね
    軽く見ることも出来れば、こうやって熱く語ることも出来るなんとも・・・
    日本語字幕が楽しみですね!

    >emiさん
    >シナリオにはお姉さんとのシーンがあったのですよ。
    「当分来れないかも・・・。」ってな事を言うようなシーンが。
    ∑( ̄□ ̄;)ナント!! やはり・・ないわけないよね。
    でもなんでカットしたんだぁー
    見たかったよぉ・・・ヌナとスンハのシーン大好きなの(爆)
    ヌナ役の女優さんの憂いな雰囲気がまた素敵でした・・

  4. ゆみこ | URL | IXkE6ZCE

    一緒に楽しめてよかったです。
    スンハの台詞がもっと分かったら、もっと興味深く見られたのにと・・・自分の語学力不足を嘆いたり。次回(!)のチーム集結の時にはもっと頑張りたいと思っております。

  5. chiko | URL | SJMMuUIM

    >ゆみこさん
    お返事遅くなりました~
    本当にゆみこさんのおかげです!ありがとうございました。
    勝手に語りを聞いていただいたり、かなり偏った見方をしておりましたが・・(爆)
    ゆみこさんの冷静な感想に「ハッ」(°◇°;) と気がついたりと・・
    暴走せずに(これでも)すみました(爆)
    また、次!もヨロシク願い致しますー

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://annyong198205160925.blog53.fc2.com/tb.php/328-a58a3e08
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。