スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JES 日刊スポーツインタビュー

2008年11月24日 23:29

20081124_jifu.jpgJES(10/29)
ものすごく今更感がありますが・・・映画も大ヒット中
で良かったですね!
ケーキショップも大繁盛だそうで!!良かった良かった。
まぁー自分が読みたいので、、って感じなので。
適当に・・・
エンジョイ・コリア先生と、エキサイト先生に頼りながら読みました。
(o´д`o)=3



'千戸洞 フンナム'(←すでに意味不明ですが、これは、きっと何かの例えですね)
チュ・ジフン(26)
「2本のドラマに出演した時は、演技者志望生みたいな感じだったが、今度映画を通じて演技する人になったようだ」話を切り出した。

ドラマ '宮' '魔王'に 引き継いで チュ・ジフンが 始めて 映画で 選択した '西洋骨董洋菓子店 アンティック'の話だ。

彼の役どころは、日本人気マンガを原作にしたこの映画で、甘いものは嫌いだが、お客さんが女性という理由でケーキショップをOPENした無茶な財閥 2歳ジンヒョック。
スタッフ達には、ストレートな物言いで、 おしゃべりだが、家族たちの前では正しくなる変身 ロボット ような 人物。

キャラクターの両面性に惹かれたというチュ・ジフンは
「白馬に乗った王子様(宮)、 復讐心に燃える悪魔である人(魔王)」という直線的なキャラクターに比べて今度映画では多様な実験が可能で愉快だった」と言った。

彼が「私の頭の中の話題」と言いながら強調した両面性の実体は?

「善し悪しが共存した二重性みたいなことではなくて、これをどんなに説明する?
例えば今インタビューを楽しくしてるのに、今朝ママとちょっとした言い争いをしたとします。
でも、自分でも分からなく、無意識的にそんな重たい心が、この会話に反映されないでしょうか?

(人差し指で自分の心臓位置を示して) こんなに笑う瞬間にも、ここに喜びと言う(のは)、感情だけ充満すると思わないんですよ」

※要は、顔でたとえ笑ってはいても胸のうちまで本当に楽しんでいるとは、限らない。そういう二面性の話をしているのですね。なるほど~ ジフニさんもそういう時期なんですね・・・
そうやって色々な人を知って行くのだけど、あまり今の心を忘れないで欲しいです

彼は自分の長所短所に
「髭を生やすとか、髪の毛の分け目の方向だけ変えても見た目がすぐに、変わるのは俳優として長所だと思うが、自らキャラクターを創造する想像力は、まだ”ワンルーム水準”」と言いながら笑った。

※ワンルーム水準ってとっても小さいって事ですかね?あー狭いって事??(爆)

「監督への依存度が高いようで、少しずつ想像力の大きさを広げるのが至上課題」と した。

※至上課題・・・常日頃の課題にしたって事かな。

宮で一躍スターに上がったが、その過程は順調ではなかった。
自ら「私自ら "私にもハングリー精神が生きて呼吸する"」と言った。

※ハングリー精神が常にあるって事ですよね。ジフニさん基本負けず嫌いだもの!当然ですわ(爆)

「19歳にモデルデビューをしましたが、その他、したことがないバイトはないです。
工事現場の荒仕事から中学校の時は新聞を配ったし、ワインショップでも働いて見ました。
高等学校の時は1日の小遣いが車代含んで、1000ウォン(約100円/今だと63円・・涙)だったからです。
家にお小遣いをねだる事ができず、見通しが暗い状態だったのです。」

※わ~~~~(T_T)~~~~~ん・・・高校で1日100円で3000円では、暮らしていけない?て、車代含んでならば、そりゃ無理ですね・・・あー新しい発見がありすぎる

「映画の主な舞台であるケーキショップケイクショップで働いたこともありました。
あまりに財布が薄い時に、マネージャーから"兄さん、 これデコレーション期限が切れているが、私達で食べよう"と期限切れのケーキ 数百個を食べたりしました。」

※あーだから甘いもの嫌いで、酒とタバコに走ったのですかね??・・・なんか涙出てくるよ。

大いに若い女性をターゲットにした映画だよね。というと
「そんな側面だけは、否定する事は出来ないですが、私の目標は、チュ・ジフンではなく、ジンヒョクで評価を受けたいですね」と、突き放して言った。

突き放しついでに似ている設定の「'コーヒープリンス 1号店」についても質問した。
社長と従業員との微妙な感情,、よくすると同じじゃないか?と比較されないでしょうか?

彼は予想したというように「全然」と言いながら、手を振った。
「ジンヒョクはケーキショップのイケメン4人衆、それに社長は財閥2世、こんな設定はそっくりですが、人物のキャラクターも違うし、俳優達の年齢も違うし、そんな期待は忘れてください。」と強調した。

※あはは!同じでしょうという設定の期待を忘れてなんてジフニさん良いきりかえし!

「監督も、初めはコプを意識したそうだけど、撮影したと言っていました。
個人的には、惜しい事はジンヒョクが、ルショングをもうちょっと格好よいことで選択したらもっと良かったようです」

※ルショングって誰かの役名でしょうか???

「アンティークのなかで、"私の中のリミット(limit)”をもう一度覚めたようで気持ち良い」と言った。

「宮では19歳の役で、魔王は27歳の役目だったので、初めはみんなミスキャストだと思ったのです。
所が、今度は30代前半の役だったのです。こうやって少しづつ演技の幅を広げるようになって、うれしいです。
来るシナリオも、色々幅が広がるのですよ。」

彼は
「モデル出身の俳優という、重石から”よくやらなければならない”と言う強迫に苦しんだ」と打ち明けた。

「少し演技が出来なくても、あの子はモデル出身だしね というのを聞くのが心配で、いらだちました。
宮に出演するとき、金慧慈先生(太后ママ)が 
偽りは相対しなくても、いつかすべて過ぎ去ると励ましてくださったのが大きい力になりました。」

1週間の中で 、3~4日は家にひきこもって暮すというチュ・ジフンは、
「外出している、2~3日はリーダー型人間で、だけど実は・・・という極端的な配役を、引き受ければ誰よりよくやりこなす自信がある」と笑った。

先月にKTXに乗って釜山に4回も行ったが、誰も気が付かなかったという。
「この頃、清渓山に行くけれど、ラップタイムが一時間も出なく、今度は高い山に移さなくちゃいけない」と笑った。

※これはハイキングについてでしょうかね?ですよね・・急にハイキングの話?
バイクじゃないと思いますが(個人的に) 果川市にある山なのですね・・・ソウルにある山かと思ったら違うようですね・・・^^;

恋愛をするときに、一番大事なキーワードは?という質問に「理解」と答えた。
「拘束で 10度だけ方向を振って思えば良いようです。
熱くて胸ときめく愛は有効期間があるといえども、私は愛が冷えると思わないです。
ときめく時不便だった感情が、楽になる感じみたいなのではないでしょうか。
熱いコーヒーが冷えるとアイスコーヒーになるのではないでしょう。」

※なるほどぉ~~感心。長くなればなるほどまた違った安心感とかそういうのが生まれたりしますよね・・・しかし拘束して、10度だけ・・って意味が分からない。

どんな質問にもつまる事なく答えた、口達者なチュ・ジフンは、卓越したおしゃべりで、営業能力を発揮する映画の中のアンティーク社長ジンヒョクとかなり多く似ている。



わー今回も面白かったです!やっぱり1時間ちょっとこの量でもかかってしまうんですよねぇ~orz。
しかし、本当に貧乏だったのかな・・・
先日、BOXの写真集の2を久しぶりにみて、小さい頃の写真を見たのですが、中学生や高校生の頃の写真が少ないなというのは、感じました。
出したくなかったのか、出さなかったのか・・それともなかったのか・・定かではありませんが、
高校時代にバイトばかりしていたなら、写真とか少ないのかもしれませんね。
しかもお父さんが糖尿病でかなり収入も減っていただろうし・・・

ていうか、他のインタビューもこんな涙なインタビューが多いのかと思うと・・・
でも色々ジフニさんの一面を知ることが出来て、楽しいですわ~
・・・なんで私は、ちょっとお金に困った育ちをしている人ばかり応援しちゃうのだろうか。
なにかちょっとした影が、私の琴線に触れるのか・・・なぞ。


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. chiko | URL | SJMMuUIM

    苦労

    >鍵コメント様
    今晩は!本当に、子供時代の苦労を、出さないくらい品が備わっていますね。
    それは、モデルで培われたのかな?って思ったりしますが、モデルでもちゃんと勉強してたようですし、人に負けないように!っていうのが、根底にあるようなので、それが良かったのだと思いますが、それにしても初めて知るジフニさんの姿ってのに、涙です。
    パーソナルデータを知ると、更にグイグイ引き寄せられてしまいますね。

    >努力
    このアンティークの二面性役、そしてトラウマについて、自分の事について話をしてますよね。
    常日頃、色々本読んだり映画を見たりしてるのは、ファンは分かっているので、あえて自分はやってます!とは言わなくても、ちゃんと分かってますよね・・・

    ジフニは余計な事を言わず、だけど自分の思った事をはっきりと言いますよね。そこが素敵だと思います。
    今回の記者さんの〆の
    「どんな質問にもつまる事なく答えた、口達者なチュ・ジフンは、卓越したおしゃべりで、営業能力を発揮する映画の中のアンティーク社長ジンヒョクとかなり多く似ている。」
    これって良い褒め言葉だなって思いました!

    ちょっと話がずれてしまいましたが・・・
    しかし今回のインタビューで、マスコミへのウケは良くなったと思います・・・

    >Rさん ファン離れ続出(日本)
    朋友も離れました・・・爆)))

  3. haru | URL | -

    ありがとうございました~

    chikoさ~ん♪
    すんごく分かりやすかったです~◎
    途中でchikoさんの解釈?もあって・・・
    ほ~んと苦労した様ですよネ~(>_<)
    自分の考えをし~っかりと持った立派な青年です◎
    益々好きになりましたぁ♪

  4. chiko | URL | SJMMuUIM

    >haruさん
    解釈というか、、、もっとハングルが分かれば、きちんと書きたいのですが、全然勉強してないので(自慢することではありませんが)
    web翻訳 2先生の意見をまとめたものです。
    自分の意見をしっかりもって、はっきり答えられるのが魅力ですね。
    ファンミなのでは、ちゃんとそのコトを分かったうえでの司会者が必要だと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://annyong198205160925.blog53.fc2.com/tb.php/739-a394c191
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。