スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東亜日報 & donga.com の記事

2009年01月02日 17:11

20090102_jifu.jpg

・・・ちまちま自分のためにやってます。
大分、エンジョイ・コリア先生とエキサイト先生のクセが分かってきたような気がします。
自動翻訳機のブロになりそう?なんちゃって。

東亜日報 & donga.com(11/4の記事)

以下 今回は短くてよかった!
「アンティーク」で財閥2世 チュ・ジフン ソウルの田舎者なのに

名前はチュ・ジフン。 ‘宮’の 孤独な 皇太子、, ドラマ ‘魔王’の 冷たい 弁護士、 そして 映画 ‘西洋骨董洋菓子店-アンティーク’(以下 ‘アンティーク’) 財閥 2世‘
皇太子から財閥2世まで、「派手」なフィルモグラフティーだ。

しかし、中を覗き見れば、26歳の青年が作っていくフィルモグラフは、外見だけでなく、中も充実だ。

演技経験が、ほとんどなかった新人を主演で、抜擢して‘宮’。
チュ・ジフンに期待と一緒 もっと大きい心配と憂慮が零れ落ちた。しかし結果は大成功。
そして ‘宮’と 正反対で、先に尋ねて助演を頼んだ‘魔王’もやはり良い結果が残った。

映画デビュー作‘アンティーク’( 監督 ミン・ギュドング・製作souフィルム)。
チュ・ジフンは シナリオを受けるやいなや、すっかりはまった。
幼かった 時、 誘拐を あった 財閥2世 ジンヒョック。
誘拐犯に対して覚えている事は、甘い ケーキ。
そのため ケーキを凄く嫌いだが、無謀にも世の中で、一番美味しい ケーキ 店を 開く。

チュ・ジフンは、再び貴族的なキャラクターと心配になりえる、‘財閥2世’と言う設定には 、神経さえ 使わなかった。

「若い時に、ケーキ店を開くことができる富力を取り揃えたこと以外には、財閥 2世の姿が、全く出ません。
‘宮’のシンは、どこに居ても、いつも皇太子の姿で登場しなければいけませんが、ジンヒョックは店に居る時は、ケーキ売る人。その以上以下でもないです。」

「‘アンティーク’の若い社長は、バイト経験がないが、計算からギャルソン、掃除まで熱心です。
演技というが、普段の経験がいかに出てくる動作だと思います。」

「実際に有名なケーキ店で、仕事を しました。
高校を卒業する頃でしたが、 地する(?) ワインを売って、1階はケーキを売る店だったのです。
熱心に仕事しました。」

チュ・ジフンも バイトを した時代があったのだ。
「背も大きくてハンサムだったから、映画のように女 お客さんたちに人気高かったのでは?」
と質問したらびっくり驚いていた。

「僕は本当に田舍者です。 なぜ、ソウル田舍者という言葉あるんでしょうね」

「モデルで活動したのに田舎者?」

「モデルになった後もそうでしたが、本当に以前は田舍臭かったです。
人気ですか?派手なケーキ店に私の外見が似合わなくて悩んだくらいです。」

彼はソウル江東区千戸洞の家から、 鴨鴎亭洞 の事務室まで、自転車で通う。
「そんなに 遠い距離を自転車で?」

「自転車が楽です。運動にもなるし(笑)
マネージャーですか? 仕事のない時は、一緒に通わないです。
普段、ずっとマネージャーに助けを受けなければ、帰ることが出来なくなってしまうと、充実に一日一
日を俳優で居ながら、暮すのも大変になるようです。」

-----
※↑ちょっとニュアンスが違うかもしれませんが、翻訳機がチンプンカンプンで・・
普段はマネージャーの助けを受けながら家に帰っている。みたいな事が書いてあり・・・
多分こんなニュアンスだと思います。
-----

正しい。 ‘アンティーク’の原作、日本マンガの人形のようにハンサムな主人公より、チュ・ジフンのジンヒョックに、ずっと好感が深く行く理由が感じられた。

チュ・ジフンは’アンティーク‘をの為に、踊りも学んで、映画に使うケーキについても学んだ。
しかし、毎日毎日撮影で使った数十種のケーキは、「あれば味わう位」といいながら笑った。
そして、「モデルの仕事を長くやったおかげで、演技をするときの動画がとても丁寧な(大きい)ようです。」
と自分が思う短所も率直に打ち明けた。
映画が封切られ、このスターの服を脱いで平凡な青年に帰る「田舎者」の彼は正しかった。

-----
※最後の一文もかなり怪しい!・・・なにか修飾語を抜かしているような気がするのですが・・
まぁ~でもほめられていると思ってよいですよね。
今回もまたしっかりとした受け答えをして!
モデルをしていたので、演技ついての指摘は、魔王の監督パク・チャンホン先生も、話していましたよね。メイキングでも最初の1話か2話のシーンで・・・廊下をただ歩くシーンで怒られてるジフニが印象的でした。
(スーツ来て、威厳ある雰囲気をだして歩くとモデル歩きになっちゃうんだよね・・・
しかし私は、その歩く姿が好きだったりするんだよな~)

演技について思いますが、このモデルのクセは生かしてもらえば良いと思うので、癖が治りきらないうちに、色々優雅なことやってもらえたらなって思います。
まぁ~きっと身についたものだと思うので、将来イザとなっても出来るとは思いますが・・・(笑)))

ケーキ屋さんで働いている最中のジフニに会いたかった。
しかし、高校生の写真をファンミでみたのですが、かっこよかったと思うけれど~


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://annyong198205160925.blog53.fc2.com/tb.php/767-0353b4e4
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。