スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「宮」2について・・・・

2006年09月01日 12:02

20060901_jifu3.jpg
↑このメンバーはもうない!?

とうとう9月に入り、「宮2」の報道もまことしやかにされているようです。
とはいっても、ハングルが分からない私は、中華新聞からひとつ気になる記事を見つけたので、紹介・・・
ただし、この記事は韓国でいつ流れたものだとは分からないので、古いものかもしれません。中華新聞ではありうるんで・・・(^m^)ゞ

本日 「《宮》原班人馬拍續集」明報(香港新聞)
※困ったことにこの明報は2,3日たったら記事削除しちゃうので・・・こぴーしておきます

《宮》續集10月開機 尹恩惠朱智勳原班打造(圖)(sina)8/31付け
《宮》原班人馬拍續集 2006年9月1日
【明報專訊】憑韓劇《宮》人氣急升的尹恩惠,原本打算憑KBS新劇《葡萄園的那個男人》再下一城,結果收視欠佳,電視台急謀對策,前日《宮》劇導演黃仁磊出席南韓電視劇製作協會成立儀式時透露,《宮2》將會在今年10月中開鏡,預計明年初上映。

「雖然演員陣容尚未有定案,但上集主要演員已經口頭上答應演出」,喜歡看尹恩惠及朱智勳等青春偶像大鬥法的影迷,應該可以大飽眼福了。

黃仁磊又表示,《宮2》換了新編劇,所以跟改編自同名漫畫的前作風格略有出入,且看能否給觀眾全新感覺。

----------
以下自動翻訳機@エキサイト

《宮》もとのクラスの要員は続編をたたく 2006年9月1日
【明報ニュース】韓劇《宮》の人気の急上昇する尹恩恵に任せて、もとはKBS新しい劇《ブドウ園のその男の人》に任せて更に1城をおりるつもりで、結果の視聴はいまひとつ良くないで、テレビ局は急いで対策を図って、一昨日《宮》劇の映画監督の黄仁の石が積み重なっている韓国のドラマにの出席すること製作協会が儀式を創立した時漏れ、《宮の2》今年10月の中に開鏡、来年初めに上映すると予想する。

「役者の陣容はまだ最後の結論があるがなくて、しかし上の集の主要な役者がすでに口頭で行って公演を承諾する」,地方長官の恩が朱智勲などの青春のアイドルの大いに暗闘する映画ファンに恩恵を受けることを見ることが好きで、目の保養をすることができたはずだ。

《宮の2》は新しいシナリオ・ライターを交換して、だからと改作して同名の漫画の前作の風格から少し出入りがあって、観衆の全く新しい感じにまあご覧あれと黄仁が石が積み重なってまた表している。


------
宮のスタッフの話ということですが、まず気になるのは
主役の人たちには口頭で伝えてあるということ。
そして、
「新しいシナリオ・ライターを交換して、だからと改作して同名の漫画の前作の風格から少し出入りがあって、観衆の全く新しい感じにまあご覧あれ」
結局前とは違ったの作りますよ!
て事ですね・・・
つまりは、前のメンバーがかけても大丈夫って事なんだろうか?

e小姐からジフニギャラリーでも「宮2」について話が盛り上がっていたということなので、↑の記事は古いものではないのかも知れません。
ただ、本当に10月に撮影はじめて来年お正月に放送ってのは決まりみたいですね。
この一ヶ月ドキドキです! 今月でm-netの「宮」も終わってしまうことですし・・・今後のジフニさんの動向からますます目が離せない?(笑)

新人という扱い+弱小事務所?がジフニの足をひっぱらない事を祈るばかり。伸びると思うんだけどなぁ~ ・・・ほんと
とはいえ、韓国芸能についてはよー分からん所もあるので・・なんも言えないですが・・・

私は正直「2」に出たほうが、良くないか分かりません。
F4も「流星花園2」に出たからといって更に人気になったのか? となると忙しくなってただけのような気がしますし(当時ちゃんと見ていたわけではありませんが・・後から私が見た感じでは・・・デスネ)、やっぱり内容は納得いくものではなかったです。
今回も漫画を原作にした「2」なので、不安つのるばかり。
「1」の終わり方からすると、確かにまるっきり違うものにするか、あの続きにするか? って感じだとは思います。

チュ・ジフンという一人の役者が今後この「2」に出ることによってキャリアアップするなら良いと思うけど・・・
まるっきり違うって事は、やっぱり出演しないのかなぁ~ ウネちゃん&フニちゃん?
・・・最近では、半年も急に休ませちゃって学校いかせちゃう事務所もどうかと思ったり・・・まっこれは私の勝手な考えです。

20060901_jifu2.jpg
しんぐーん~

----
sinaの日本語翻訳@エキサイト

 新浪の娯楽のニュース MBC TV人気のドラマ《宮》の責任者の黄仁の石が積み重なっている表示:“尹恩恵、朱智勲の等級の1部のスタッフが引き続き出演する《宮の2》”。

  30日、韓国のドラマに出席する製作協会は儀式の黄仁の石が積み重なっているPD表示を創立して、“役者の陣容はまだ最後に確定していないが、しかし第一部の主要な役者はすでに口頭で行って出演する第二部を承諾する。《宮の2》は10月中旬から入って正式に撮影する。”

  計画は来年1月にMBCの放送する《宮の2》は原作の漫画《宮》と違い、別の1種の風格のストーリを演繹することができ(ありえ)る。製作会社は語って、“第一部の仁愛の心があるEnnyahの作者が離れた後に、黄色のPDと別の1人の女性の作者はすでにシナリオを編んで第4集まで着いた。入って撮影するつもりであることを現す。”

  黄仁の石が積み重なっている表示、“もし《宮の1》は原作でといえばか?基礎は面白いストーリが現れて、あれか?《宮の2》は多くの想像の中の題材が現れる。”(


コメント

  1. emi | URL | WnwtnG7o

    はー、しんぐん。。。
    難しいですねえ。

    じふにの為になるのなら、出た方がいいし
    じふにの為にならないなら出ない方がいい。
    もうそれだけですね(^^;A

  2. chiko | URL | SJMMuUIM

    >emiさん
    まさにその通りなの!
    しんぐんのイメージがある程度ついても、映画とかで違うキャラクターやればそんなのなくなるし、演技の力さえ認められればOKな実力主義な所もある韓国業界をうまく使ってほしいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://annyong198205160925.blog53.fc2.com/tb.php/83-bf3f082e
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。