スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スンホン公式ファンクラブ終了

2009年05月31日 21:15

son.jpg
naverより写真拝借
師匠のブログをみて驚いた!
ソン・スンホン公式ファンクラブ終了のお知らせ

既に、新規会員の入会も止めていた状態だったようですね。
半年を協議を続けていたが、合意を得られなかったというのは、やはりジフニさんとフラウと同じような感じなのかな・・・と思いました。

以下憶測と考えと語りごちゃ混ぜ!(爆)
来日して、銀座にいきまーす!の一言で、何千という人数が動くスンホン先生
日本公式ファンクラブがなくなるっていうのだ!

やっぱり、、理由はひとつしか考えられないでしょう。(でも憶測!!!!デス)
いわゆる韓国明星側による契約料の引き上げ?
日本側も採算がとれなければ運営する事も出来ないし、やっていても意味がない。
結局手を引いた形なんでしょうかねぇ。

詳しくは知らないので、書けませんが、スンホンは私設ファンクラブがきちんとあったんですよね。
それを、無視した形で公式が立ち上がって運営していたような気がします。
ファンも仕方なくそこが公式ならばと入っていたのかな・・・
----
師匠から
韓国のホニランというファンクラブの日本支部のようなものから、スンホンの所属事務所と契約した日本の企業へ。
今回はその日本の企業がやっていたファンクラブがスンホン側と契約更新の話合いがつかず解散となりました。
----

ジフニのように、公式よりギャラリーのほうが情報が充実しているように、スンホンももしかしたら、その私設ファンクラブのほうが情報充実していたかもしれませんね。
もしかしたら、今更・・・なのかもしれません。

今後の展開は、
4様がIMXから独立して自分で運営しているように、スンホンも自分の事務所で運営するのかな・・・
ジソプと共に事務所独立という話も出ていたようなので、そうなのかも?????

契約金をあげて、仲介業者をなくし、自分たちで運営して直接入金するルートをつくれば、それは儲かるでしょうね。
韓流が確立してきてそろそろ10年ぐらいですか?
まだそんなたってないか、でももうすぐ10年ぐらいですよね。
韓国事務所側も日本のやり方になれて、独自で運営する事を覚えていくんだとしみじみ。

必ずしも日本企業を通さなくても運営できる確信。
そしてそれでもついてくるファンがいるという確信。

今後の展開が、非常に気になるニュースでした。
どうなるのかなぁ~
しかし、自国運営が増えてくると、、事務処理など色々煩雑になったり、
あとは、やっぱり、日本企業がやっていたときとは、違うサービス感覚だったりすると思うので、
良い面悪い面と出てくるでしょうね~

でもスンホンしのファンの場合・・もう長い方が多いかもしれないから、、ケンチャナ~なのかな
しかし、TBSで放送中ですよね・・・@深夜。
それを見てファンになった人は、「わーどうなってんの?」って思うでしょうに・・・
うーん、チャンスをどっちが潰したんだか・・・(余計なお世話だと思うが)

なんか色々みんなありますね・・・外国人追いかけるのって、ほんとつくづく大変だって思います。
とはいえ、日本人も大変じゃないってコトじゃないですが・・・

なんか薄っぺらいなぁ~~結局何が言いたいんだ!私って感じです
・・なんだろ、自国運営のファンクラブが増えるなっていうのが気になっただけなんです
(スンホンが自国運営になるかどうかは、分かりません!!!)


コメント

  1. ゆみこ | URL | IXkE6ZCE

    変遷・・・

    chikoさん

    (記憶を頼りに書いているので細かい部分で違う点があるかもしれませんが・・・)

    スンホンにはホニランという韓国でのファンクラブがあり(現在もあります)本人がホニランと命名したこともあり、多分スンホン自身も自分のファンクラブはホニランとの認識でいると思われます。
    所属会社もそのホニランをスンホンのファンクラブと位置づけていたはずで、事実上の公式ファンクラブというスタイルでした。
    当初、そのホニランの日本支部という形でファンクラブがあり、スンホンのファンクラブといえば、そこに加入するというスタイルが出来上がっていました。
    ところが所属事務所が日本の企業と契約をしたのを契機に日本の公式ファンクラブが別に出来、「日本の公式ファンクラブはこちらです」というお知らせが一方的に出たので、混乱したのが、約2(いや3年?)年前ぐらいだったはずです。
    旧公式→新公式のアナウンスが上手くいかなかったのがその原因だと思うのですが、今回、その新公式とスンホンサイドとの話し合いが決裂したことにより、いままで公式と言っていた新公式が解散することになったのです。

    ***
    今、韓国ではスンホンが事務所を立ち上げるのは?といわれており、それを機に自分でコントロール出来るような形で何かやりたいと思っているのではと思うのですが、すべて推測の域を出ません。

    ***
    スンホン個人思いと、ファンクラブ運営というものがどのように連動しているかは不明ですし、上に書いたことも推測の域を出ないのですが・・・・

    私自身は、ファンクラブに入るということの優先順位が高いわけではないので、どうなるのかな?と遠くから見ているだけです。

  2. chiko | URL | SJMMuUIM

    もとのさやに

    >ゆみこさん
    色々教えて頂きまして、ありがとうございます。
    ようするに、もしかしたら、もとのサヤに戻るだけの話って事ですよね。
    それが、自国運営のなんたら、かんたらは、スンホンには当てはまらないわけで。
    という事ですよね。

    スミマセンでした。

    事情を知らないとはいえ、ちょっと過敏に反応してしまいました。
    なんか「またか・・」って思ってしまったので・・・決して日本の企業はさんで運営して欲しいというわけではないのですが、
    「交渉しましたが・・無理でした」
    みたいな発表の仕方とか、して欲しくないなって思いまして。

    確かに事情によりってのも、気になりますけど、でも、なんかもっとスムーズな良い感じで切り替えられるような雰囲気であると良いのになって思います。

    お金が絡むとほんと、大変ですよね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://annyong198205160925.blog53.fc2.com/tb.php/892-4fdfa820
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。